Yuki's designer life.

Top > Yuki's designer life. > 先週のKOSMOSにて・・・


野田 悠紀 YukiNoda

多摩美術大学 情報デザイン科卒。 デザイン制作会社、株式会社アークフィリアの中心メンバーとして、多摩美在学中よりクリエイティブディレクター・デザイナーを務める。 ファッション業界をはじめとし幅広いジャンルの大手ウェブサイトのデザイン/ディレクションを担当。
同社で運営しているクリエイターのためのポータルサイトCREATORS BANKや、京都アートイベントartDive主催などに関わる。 また、 ダンサーや画家、歌手、俳優などとともに舞台をつくるアーティスト集団Alphactでもデザイナーとして参加。

先週のKOSMOSにて・・・

kosmos1.JPG64de320f72fe706d4ace8981877a0936.jpeg
先週の4月3日、KOSMOS LANE ROCK*ART FESTIVAL 2011最終日、Alphactの仲間である 天野弓彦によるライブペインティング+金刺わたる大前光市による即興ダンスパフォーマンスを観に行ってきました。

今回のイベントは東北巨大地震の復興を願い、アーティストたちの作品展示とパフォーマンス・ワークショップなどが開催されており、売り上げの一部を義援金に送られるそうです。
実は、このイベントにもうひとりキューピット・なかじことアーティスト中島崇も参加しておりました。(彼とつきあい、結婚まで至ったのは彼のお陰なのです★)

kosmos2.JPG
手前:中島崇 奥:天野弓彦

中島崇の色とりどりに空間に彩られた紙作品。その作品から落ちる陰のシルエットと繋がるように、天野弓彦が画面に色を入れ始めて、その素敵なコラボが素敵だったなぁ。(↑左上写真参考)

そして、絵の最後に大きく照らす太陽の色を、金刺わたると大前光市が踊る中、真っ赤に塗りつぶしていきました。

天野弓彦の想いだけでなく、色々なアーティストの想いが詰まった力強い絵が完成しました。

Alphactのメンバーとは、地震など色々なことがあった中でメールでお互いの無事を確認して、励まし合っていたのですが、こうして顔を実際に見て、とてもとても嬉しかったし、元気をもらいました。

日本がこういう状況で、こういうときにクリエイターやアーティストや表現者に何ができるのか。

こういうときこそ「発信」すべきなのだと確認することができました。

想ってるだけじゃ何も伝わらない。
アーティストっていうのは、想いを表現することができるのだから、どんどん表現していかなくてはね。
それにより、何かを受け止めたり考えたり、パワーをもらったり笑顔になったり、元気になれる人がたくさんいる。


会場には、友達のシンガーだったりダンサーやバンドマンだったり、いつも表現している友達がたくさん集まっていました。
みんなそれぞれの世界でがんばっていました。久々に元気そうなみんなに会えてとってもうれしかったな。パワーをいっぱいもらえました。

素敵な時間を本当にありがとう。

TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/84

COMMENTS