文系ランナー

Top > 文系ランナー > 「CCCチャレンジ2012(スタート前々日まで)」

「CCCチャレンジ2012(スタート前々日まで)」

シブイユウイチ (2012年9月 5日 06:02) | コメント(0)
201209041.jpg


Facebookに書いたように、初のCCCチャレンジは惨敗だった。。。

完走できなかったのは単純にぼくの実力不足。それ以外の理由なし。ただ、ぼくの周りの実力あるトレイルランナーのみなさんなら完走できるコースだと思う。もしかしたら「来年チャレンジしたい!」という方もいるかもしれないし、自分自身の備忘録も兼ねて、つたない記憶を元にシャモニーでの経験を綴ります。


201209042.jpg

201209043.jpg


【宿泊ホテル】

今回は心折れ部8名での参加で、宿は英語堪能なエディ☆が当選と同時に早々と手配してくれた。UTMBスタートゴール地点まで徒歩5分程度、静かな環境のこじんまりとしたいいホテルだった。無料Wi-Fiあり。UTMB(CCC、TDS)に参加する場合、最低でも五日程度は滞在すると思うので、ネット環境はけっこう重要かも。

観光地だけあって、シャモニーにホテルやコンドミニアムは多い。ただUTMBウィークはやはりすぐに埋まってしまうみたいなので、抽選で参加決定となった時点で、とりあえず早めに予約するのがよいと思う。日本人参加者も多く、情報を共有したり、参加される方同士同じホテルにするなど、自分に合った宿泊方式にすることでストレスを少なくすることも大事。


201209044.jpg

201209045.jpg


【移動】

今回、ぼくは羽田→シャルルドゴール→ジュネーブとエアを乗り継ぎ(理由があってJAL)、28日にシャモニー入り。ジュネーブ空港からシャモニーまではUTMB公式サイトにリンクのあるMountain Dropp-Offsのバスを予約しておき、ホテルまで送ってもらった。だいたい片道30ユーロ前後で(時間帯やサービスで若干異なる)、シャモニーは坂道が多いので、ホテル前まで送ってもらえるのはとても助かる。ジュネーブ空港→シャモニーの時間は一時間強かかるので、数人でレンタカーやタクシーを利用するよりも結果的には安いと思う。


2012090455.jpg


エアはヨーロッパ在住のミックスさんのおばさんによれば、一度フランスに入るよりも(東京→パリで12時間30分、そこから乗り換えて1時間30分)、フィンエアーなど(東京→ヘルシンキで9時間、そこから3時間)のほうが、身体への負担も少ないとのこと。今年はロンドンに行くのでチケットを手配しやすいJALにしたけど、次回はもう少し熟考したほうがよさそう。


201209046.jpg

201209047.jpg


【日程】

8月28日にシャモニー入りして、レースウィークが終わりシャモニーを出たのが9月3日。一週間滞在したが、レースに参加するという目的を考えると、一日くらい減らしてもよさそう。

ただ、街自体は観光する場所も多く、かなりのんびり出来るので、逆にバカンスと割り切って長期滞在するのもよいと思う(みなさん仕事との兼ね合いもあると思いますが)。なにしろいい街です。


201209048.jpg


【気候】

想像したよりも寒い。街中でも秋くらい(10〜11月)の服装の準備は必要かも。観光でMidiなどへ行く場合は、ダウンやフリース、手袋などは必須。ただ、なんでも現地で入手可能。しかもUTMB(CCC、TDS)に出るランナーには各店で割引あり。日本よりかなり安く買えるものもあるので、ランニング系ショップは要チェック。

基本的には山なので、天候不順なのだと思う。いきなり雨が降ってきたと思えば晴れ間が見えたり、気温も陽が射すのと射さないとで大きく変わってくる。出歩く時は上着と雨具(折りたたみ傘など)を持ち歩くとよいと思う。


201209049.jpg

2012090410.jpg


【スタート前々日まで】

28日は先にシャモニー入りしていた岡野さんや二郎さんたちとランチで合流。午後は高地順応も兼ねて、ロープウェイでホテルの裏の山"Brevent"(標高2525m)まで登り、そこから調整がてら走って1500m(!)ほど下る。気持ちはよかったが、若干疲れた(脚に違和感あり)。街からすぐに多くのトレイルがあるので、練習や調整には困らない。

ちなみに各種ロープウェイや登山電車に乗れる2daysや3daysパスが割安で、普通にそれぞれのルートを購入するとかなり高くなる。

<8月28日の写真>


2012090411.jpg

2012090412.jpg


28日夜にエディ☆とテラタウンも合流し、翌日29日は観光がてら"Midi"(標高3842m)まで、これまたロープウェイで登る。ロープウェイで富士山以上の高さに登れるというのがすごい。登山が観光として根付いている感じ。

さすがに4000m近いMidiの寒さや景色は下界とは別モノで、モンブラン登山の雰囲気を少しだけ味わえる。というか、モンブランアタックする登山家は本当にすごい。神々しい場所です。

<8月29日の写真>


「CCCチャレンジ2012(受付、装備)」に続く


カテゴリ:
コメントする
   

PROFILE

渋井 勇一/RASSLIN'&CO.
YUICHI SHIBUI

本業はブランディング・アートディレクション・グラフィックデザイン、なんでも製造業など。
このブログは文系で運動キライのぼくが、2010年にUTMBのドキュメントを観て突然トレランに目覚め、10年後のUTMB参加を目標に練習に励む様や、趣味のモノや日常を綴った日記です。心折れ部というトレランチームをやっています。

RASSLIN'&CO.
WAGAMAMA T

Sep 2012

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Twitter