文系ランナー

Top > 文系ランナー > 「トレラン富士大決戦!序編(UTMF/STY)」

「トレラン富士大決戦!序編(UTMF/STY)」

シブイユウイチ (2012年5月22日 21:12) | コメント(0)
20120518_1.jpg


日本最高峰、そして象徴でもある霊峰富士。

その富士山を舞台にしたトレイルランニングレース、UTMF(ULTRA-TRAIL Mt.FUJI)/STY(Shizuoka to Yamanashi)に参戦するために、日本全国、いや世界各国からトレイルランナーが集結した。


20120518_2.jpg


UTMF/STYは世界最高峰と言われるトレイルレース「UTMB(Ultra-Trail du Mont-Blanc)の姉妹レースであり、日本で開催される本格的な100マイル国際レースである。富士山のピークではなく、周辺の山々を一周するという壮大なコースを巡る。

本来は昨年開催される予定だったが、震災の影響で中止。一年の期間を経てようやく第一回大会が開催されることになった。地元自治体との調整難航など様々な噂が流れ、コース発表も遅れに遅れた。さらに規制も多く、それだけに開催までの主催者おおび関係者の苦労がしのばれる。

そして海外からはジュリアン・ショリエ選手など有力ランナーが参戦し、国内ランナーも石川選手や相馬選手、横山選手、ヤマケン選手など、日本一決定戦の様相を呈する、まさしくトレラン富士大決戦!


トレイルランニングのいいところは、そんな国際レースにど素人のぼくも参加出来ること。とはいえ、100マイルではなく、半分(82k)のSTYにだけど(※)

(※)UTMFには参加資格がある。


20120518_3.jpg


その記念すべきレースのスタートを是非見届けたいと思い、ぼくは18日から現地入り(ぼくが出場するSTYは19日スタート)。UTMFのスタート地点である河口湖大池公園は、多くのトレイルランナー達の熱気で溢れていた!

心折れ部からは6名がUTMFに参加。ライバルチームIBUKIやトレラン界に殴り込みをかける裸足軍団、その他(いろいろな意味で)有名なトレイルランナーたちが集まり、まさにお祭り状態。楽しい!


20120518_4.jpg


STYも前日受付が可能なので、ぼくも受付を済ませる。受付後には必携装備品チェックがあり、スタッフにひとつづつ見せて確認。他のレースよりも厳格だが、後々その重要さを実感することになる。


20120518_5.jpg


18日15時00分。出場するランナーたちの緊張感と、国際レースの華やかさが混在する雰囲気の中で、UTMFがスタート!
ぼくらSTY組とサポート隊は156kの長い旅に出るランナーたちを見送る。それだけでもなんともいえない充実感と満足感!


20120518_6.jpg


今回、UTMF/STYに参加するランナーたちをサポートするために集まってくれた心折れ部メンバー(通称:サポート隊←そのままw)にとっても、長い三日間が始まった。ランナーを追って次のエイドに移動していく。

ぼくはみんなと別れ、河口湖沿いのホテルに戻って、明日の準備。ぼくらSTY組にとっては、決戦前夜なのである。


20120518_7.jpg


(続く)


カテゴリ:
コメントする
   

PROFILE

渋井 勇一/RASSLIN'&CO.
YUICHI SHIBUI

本業はブランディング・アートディレクション・グラフィックデザイン、なんでも製造業など。
このブログは文系で運動キライのぼくが、2010年にUTMBのドキュメントを観て突然トレランに目覚め、10年後のUTMB参加を目標に練習に励む様や、趣味のモノや日常を綴った日記です。心折れ部というトレランチームをやっています。

RASSLIN'&CO.
WAGAMAMA T

Jul 2012

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Twitter