文系ランナー

Top > 文系ランナー > 「STYへの道、その5(高尾山ナイトハイク?)」

「STYへの道、その5(高尾山ナイトハイク?)」

シブイユウイチ (2012年4月29日 21:25) | コメント(0)
20120429_0.jpg


ケイイチさん「ひつじさん、週末夜通し高尾山トレイル行くけど、行く?」

ぼく「めちゃ遅ですけど、それでも大丈夫なら一緒に行きたい」

ケイイチさん「どれだけ寝ないで動くかが目的なので、全然大丈夫!」

夜通しナイトハイクか。高尾山なら知ってる場所だし、練習にもなるし、楽しそうだな。ジェットボイル持っていって、頂上でコーヒーとか飲んじゃうのもいいかも。


20120429_1.jpg


夜11時、高尾山口駅で待ち合わせると、みなさん完全トレラン仕様。。。

ジェットボイル持ってこなくてよかったよ。

20120429_2.jpg


メンバーはKING、ケイイチさん、アフロさん、かおちんさん from IBUKI、秩父から高尾山制覇のためにやってきたチーム奥武蔵の二人、そしてIBUKIと心折れ部を行き来するひつじことぼく。

高尾山マイスターのアフロさんが案内する形でナイトハイクスタート。でもいきなり走り始めたので、多分ナイトトレラン。ちなみにぼくは普通の登山パンツ。ニューハレをはじめ、サポーター類も一切なし。


20120429_3.jpg


高尾山登山口に背を向けて、北高尾と呼ばれているらしいコースを行く。登り下りが続き、なんだか普通に厳しいトリッキーなコース。


20120429_4.jpg


真夜中の真っ暗な山でテンションの高い大人たち。それにしてもIBUKIもチーム奥武蔵も速い。一番後ろを走るぼくとしては、遅れるとかなりビビるので、マイペースながらも視界に入る距離を保つように努力する。


20120429_5.jpg


結果、汗だく。


20120429_6.jpg


仕事で4時くらいまでは起きていることがあるので、4時まではぼくもテンションを保てたが、4時以降はガスで視界がままならないことも相まって、心がファンタジーの世界へ誘われる。いかん、集中、集中。


20120429_7.jpg


途中で水補給。水対策はぼくの永遠の課題。。。


南高尾まで行くという選択肢もあった(らしい←コースをよく知らない)のだが、「厳しいコースです」というアフロさんの発言に「やめましょう」と正直なぼく。あとからGARMINのログを見ると高尾山の奥、堂所山というところにいたみたいで、景信山→小仏峠を経由して、高尾山頂上を目指すことに。


明け方5時くらい。何故か一人で歩く若者に遭遇。メンバーに緊張が走る。あたりは真っ暗、山の中、一人で来れる場所ではない。。。

「変わり者」「自殺する場所を探している」「幻」など様々な意見が出たが、結局答えはわからなかった(怖くて話しかけられなかった)。

家に帰ってから気づいたのだが、高尾山といえばUFO目撃談が昔から断たない。天狗は宇宙から来たという話もある。もしかしたら彼は宇宙人で、UFOが迎えに来るのを待っていたのではないだろうか。そう考えると納得がいく。


20120429_8.jpg


そんな恐怖を味わいながらも、無事に高尾山頂上到着。少しだけ休憩して、寒いので下山する。この時期、高尾山の標高でそれなりの寒さだったので、STYでは深夜〜明け方の防寒対策はなにか考えないと。


20120429_9.jpg


朝日にテンションが上がる一同。明るくなると精神的にも安心感が戻って来る。


20120429_10.jpg


そして下山。約6時間30分、距離23k、累積標高1300mのナイトハイク(?)でした。


とりあえず
・一晩中動き続ける
・女王のピースをマスターする
という目的はほぼ達成。

また、夜中、ガスってしまうとペースを全然あげられない(足下が見えない)など、問題点もいくつかわかった。実力的には走力も体力もまったく進歩していないが、そこはコツコツと経験値を上げ、創意工夫でなんとかSTY完走を目指したい。


いつもながら誘ってくれたうえにぼくのペースに付き合ってくれたIBUKIメンバーには感謝です! チーム奥武蔵もSTYでお会いしましょう!


20120429_11.jpg


※写真はKINGとかおちんさんからお借りしました。


カテゴリ:
コメントする
   

PROFILE

渋井 勇一/RASSLIN'&CO.
YUICHI SHIBUI

本業はブランディング・アートディレクション・グラフィックデザイン、なんでも製造業など。
このブログは文系で運動キライのぼくが、2010年にUTMBのドキュメントを観て突然トレランに目覚め、10年後のUTMB参加を目標に練習に励む様や、趣味のモノや日常を綴った日記です。心折れ部というトレランチームをやっています。

RASSLIN'&CO.
WAGAMAMA T

Jul 2012

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Twitter