Takuji Nishida
[nuan+] creative director

nuan+のデザイン、企画、ヴィジュアルコミュニケーションのディレクションを担当。

BLOG ARCHIVE

10.07.2011

the intersection of technology and liberal arts

stevejobs.png数年後振り返ると、この言葉が重要になるだろう。"the intersection of technology and liberal arts(技術と芸術(教養)との交差点)"。言わばこれは現代版"arts and craft"。この先、人類がどの方向に進むかは分からないが、非常に重要なキーワードになるに違いない。この言葉を信じ、進めてきた人物はもうこの世にはいない。広大な可能性の中、この狭い領域に常にチャレンジし続けたSteve Jobs。ご冥福をお祈りいたします。

01.29.2011

テスト投稿

はじめまして。nuan+(www.nuan.gr.jp)というファッションECとnuan+ press(www.nuanpress.jp)というオンラインファッションマガジンのクリエイティブディレクターをしている西田と申します。

以前より元同僚であり先輩?であるボブ氏から「ブログを書いてほしい」との依頼を受けて、もちろん職業柄別のブログのも持ち合わせているのですが、「ここではもう少し違う考え」をみせられたら個人的にも面白いのではと思い快諾しました。ボブ氏の望む形でのブログにはならないかもしれませんが、そこは勝手に書かせてもらいたいです。

ところでいきなりですが「ECのクリエイティブディレクター」というなんだか「すごそうな肩書き」で働いているのですが、そんなたいそれたことはしていないのです。ただひたすら「イイ」を感じとって「イイ」を出す。その繰り返しの職業だと思っています。インプットとアウトプット。みんな映画を見て、その感想を言う。だから実は誰でもできるような仕事なんです。ただ職業柄、習慣的に必要以上に「イイ」を見つけるためにインプットをし続けています。そこで見つけた「イイ」はある形になるのですが、それと同時に必要以上にアウトプットしなきゃいけない。溜め込めば腐っていきます。でも、アウトプットする場所は選ばなきゃいけない。はてなの増田なんかに匿名で投稿なんてのもその一つの方法なのかもしれないけど、また別の形の可能性をちゃんとした場所で見せられたらそれは「イイ」になるのではと思っています。そこでこの場所では形にならなかったことを中心に「イイ」をアウトプットできればと思います。言いかえればただの「日記」と「愚痴」なのかもしれません。それでも日々感じたことを綴っていこうと思います。そんな勝手なクリエイティブディレクターですが今後ともよろしくお願いします。

今回はあいさつのみのエントリーですが、タイトルもタイトルなので「テスト投稿」ということで探り探り、いろんなことを書いてみようと思います。今後、反応を見ながら修正していければ面白いんじゃないでしょうか。そういうのがウェブっぽいかな。って。

では。
 1