金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

08.06.2014

miel #003 『 す き と お り 』のお知らせ(終演致しました。ありがとうございました!)

6月17日(火)よりチケット発売開始しております。

【早期購入特典】※終了しました※
6月中にお振込みでチケットご購入の方には、お好きな作家さんのテキスト差し上げます!

また、お席数少なめの会場ですので
お早めのご予約お願い致します。

皆さまのお越しをお待ちしております!!

-----
<<公演概要>>

miel #003 『 す き  と お り 』

日程
2014年7月30日(水)-8月5日(火)

会場
スタジオ空洞(池袋)

<構成・振付・演出>
金崎敬江

<テキスト提供>
糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
末原拓馬(おぼんろ)
瀬戸山美咲(ミナモザ)
登米裕一(キリンバズウカ)
ハセガワアユム(MU)
米内山陽子(トリコ劇場/チタキヨ)

<出演>
齋藤陽介(ホチキス)
佐野功
辻貴大(カムヰヤッセン)
野口卓磨
堀池直毅(少年社中)

石井舞
古市海見子
与古田千晃(T1project)
金崎敬江(miel)

<タイムテーブル>
7月30日(水) 19:30
7月31日(木) 19:30
8月  1日(金) 15:00★/19:30
8月  2日(土) 15:00/19:00
8月  3日(日) 14:00/19:00 ☆ハチミツの日にちなみ、イベントあり
8月  4日(月) 19:30
8月  5日(火) 14:00★/19:00
※開場は開演の20分前

<チケット>
前売 ¥3,200 当日 ¥3,500
(日時指定 整理番号付自由席)
★の回は平日マチネ料金 
前売 ¥3,000 当日 ¥3,300

<チケット購入方法>
から、お申し込み頂くか
メールにて
日時、時間、枚数、お名前、精算方法、DM希望の有無、希望の場合のご連絡先を記入の上
miel.miel.2010☆gmail.com(←☆を@に変えて)まで、お送りください。


<スタッフ>
照明 加島茜

音響 江村桂吾
音響操作 古川直幸

舞台監督 本弘
演出助手 鐡祐貴

制作 岩間麻衣子
制作補 後藤千鶴

衣装 川口知美(COSTUME80+)

スチール 三浦麻旅子

チラシデザイン nahooo
企画・製作 miel

協力:
ホチキス、カムヰヤッセン、少年社中、T1project、FUKAIPRODUCE羽衣、おぼんろ、ミナモザ、
キリンバズウカ、MU、トリコ劇場、チタキヨ、ヘリンボーン、井上直之、鶴見直斗、LUGHUB、銀座ミツバチプロジェクト
-----

08.02.2014

『 す き と お り 』役者紹介9(佐野功)

sano by yosuke1.jpg

























俳優の紹介、最後の一人は
佐野功(さのいさお)くんです。

前回公演『ま ○ る』にも出演してくれました。
その時の紹介は、こちら
2年前ですが、やっぱり若い!

今回、次の予定のこともあり
ぎりぎりまで出演決定がでず、やきもきしました。
佐野くんは、前回の紹介でも書きましたが、なんだかんだと繋がりがあり
早稲田出身ではないのに、後輩のようでもあり
8くらい歳が離れてるのにお兄ちゃんのようでもあります。
オッケーの返事を待つ私は
お兄ちゃん不在は寂しい、そんな気持ちでしょうか。

この2年で、私は風琴工房に出ている佐野くんを
二度程観ました。また、先日は三好十郎に取り組む姿も。
相変わらず、ちょっと格好つけているのですが(笑)
でも、30歳を超えて、何か腹が決まった感じがして
自由度を増していました。
愛嬌をうまく出せるようになっていて
鋭利なナイフだったものに、ちょっとかわいい装飾が付いたような
そんな印象でした。

今回の稽古中、アップゲームなのに眼が真剣過ぎたり
体脂肪を落とす為に、豆腐そうめんとサラダチキンしか食べてなかったり
改めて負けず嫌いっぷりと
ストイックぷりを実感。

しかし、その一方で佐野くんは柔らかい物腰と
自分の得意なことを使って、うまく人をまとめることができます。
殺陣のワークショップを開催したり、たくさんの客演現場から得たものだと思います。
また、私の言葉を汲み取って、先に進む為のアイデアを出したり
こういうことじゃないかと、皆に伝えてくれたり。
sano by yosuke2.jpg

























これは稽古中、とあるシーンの音をまとめているところ。
ちなみに、右に写っているのは、演出助手の鐵祐貴(てつゆうき)くん。
職人っぽいんです、佐野くんこういうことしてる時。
ある意味、オタクなんですね。
好きだと思うものコレクションしたり、そこ?というところにこだわったり。
男子だなー、ってことでもあるのかな。
その割に、女の子だけの中に混じっていてもうまく馴染んでしまうのが、佐野くんの特殊能力です(笑)

今回、前回よりも、佐野くんの色んな顔見れます。
人の中身になっているもの、透けてみえるもの、その手触り、楽しみにいらしてください。

あ、そうそう暑い季節の稽古で
すごく動くものですから、主に帰り道で活動するmielアイス部なるものが
発足しておりました。残念ながら、私は入部できてないのですが。
sano by yosuke.jpg


























ちょっとお疲れ気味だけど、小動物みたいな顔してて
かわいいでしょ。



写真はすべて齋藤陽介くんが撮りました。


07.31.2014

『 す き と お り 』役者紹介8(齋藤陽介)

yosuke by hiroe5.jpg



















俳優の紹介も、あと二人となりました。
8人目は、齋藤陽介(さいとうようすけ)くん。
ホチキスという劇団に所属しております。
陽介くんは、mielの旗揚げ公演である
2010年の12月に上演した『こ こ  ち   り』に出演してくれています。

今より遥かに手探りだった作品創りの時間に関わってくれた一人です。
私の脳内にあるものを体現するのに
たくさんの時間と身体と頭を使ってくれました。
もう、4年前のことです。
その時の役者紹介はこちら
若っ。

そして、はっきり言いましょう、今の方がいい男です!(笑)

陽介くんのこの4年の変化は、ホチキスに入り
タイマンというユニットを結成し、作・演出をし
また、事務所に入り声のお仕事をし。
たくさんの異なるアプローチから、俳優として魅力がアップしております。
yosuke by hiroe1.jpg



















最近だと、堀池くんと同じ
少年社中『ネバーランド』に、客演として出演していました。
その関係で、稽古期間は少なめの参加でしたが、戻ってきてからの追い上げがすごかった。
今回の作品は、全体で創っているシーンが多いのですが
その中でどうしたら自分が、作品が、魅力的になるだろう
ということに、ストイックに関わってくれて
おかげで、どんどん私の方でも新しいイメージ、強固な目標点が見つかったと思っています。

また、少し違う陽介くんが観たい
と思って振った役があります。こちらは、役を掴むまでに少し時間がかかりましたが
とてもとてもよくなりました。
yosuke by hiroe2.jpg


























昨日初日が開け、私も出演するので演出席からの眺めはお終いですが
あんなこんな陽介くんが客席側から観れないのが、残念です。
ですので、ぜひぜひ皆さま、私の分も齋藤陽介、堪能しにいらしてください!!




写真は全て、わたくし金崎敬江が撮りました。

07.30.2014

『 す き と お り 』役者紹介7(金崎敬江)

hiroe by horiike1.jpg


























7人目の俳優の紹介は
私、金崎敬江(かなざきひろえ)です。
mielの主宰です。
男女を交互に紹介しようと思ったら、この順番で私が来てしまいました。
しかも、男優の方が多いのに
女優から始めてしまったものですから...

こういうところでも
ちょっとした私の頭の悪さが露呈します(苦笑)

金崎敬江という女優について
私は過去二回でどんな紹介をしているのでしょうか。
と、遡ってみたら
『こ こ  ち   り』の時は、実は書いていませんでした。

旗揚げ公演で、自分は俳優より、演出とか、制作とか
そっちの方でいっぱいいっぱいだったということですね。

『ま ○ る』の時は、こちら。舞ちゃんが撮ってくれた写真でしたね。
ちゃんと、経歴のような物、書かれてました。
思ったより、ちゃんと紹介してました。

今回も、テキストの中では、ひとつだけしか役を演じません。
付加のかかる、でも楽しい演出を付けました。
あとは、本番にどれだけ自由になるかが勝負です。
hiroe by horiike2.jpg

























本日初日、どうぞどうぞ
皆さまのお越しをお待ちしております!!!

構成・振付・演出をしておりますが
舞台に立てば、一俳優です。
初日は、とても緊張します。
共演者、スタッフと楽しみ
そして、お客さまと共に空間を紡げたらと思っております。

撮影はすべて、堀池直毅くんでした。
先輩を撮らなくてはならないの、嫌だったろうな...






07.25.2014

『 す き と お り 』役者紹介6(堀池直毅)

horiike by mimiko1.jpg

























6人目の俳優の紹介は、堀池直毅(ほりいけなおたか)くん。
少年社中に所属しております。
少年社中は、私の同期の劇団です。

つまり堀池くんは、私の直属の後輩なのです。
ここにも度々登場する、早稲田大学演劇研究会の。
3つ下?4つ下?
−−−たぶん、恐い先輩だったと思います。
と、顔合わせの時の紹介で言いましたところ
「敬江さんは優しかったです」と堀池くんは申しました。
−−−他の人たちは、作業してたりする横、特に何も言わず通って行くけど
敬江さんは挨拶してくれましたから。。
すごいエビソードですね。
挨拶しただけで、優しい先輩になれるというね。
一体、早大劇研ってどんなところだよ、と居た私でさえ考えちゃいますね(笑)

堀池くんが新人の時に出た公演を観た私は
「キレがない」というダメ出しをしたそうです。
キレがない、その言葉をずっとずっと抱えて
少年社中で頑張って、キレキレの身体を手に入れた堀池くん。

みみちゃんの紹介でも触れましたが
空想組曲の『小さなお茶会』にて、一度だけ共演しているのです。
しかしこれまた、みみちゃんと一緒でほとんど絡みがなく。
共演とは名ばかりで、今回は初現場のような感覚です。
horiike by mimiko6.jpg

























(この写真は、なんとなく藤井フミヤみたいだな)
堀池くんの身体が30歳を超えてから
ちょっとずつ、さらに進化していることを私は見逃しませんでした。
2012年の『モマの火星探検記』を観た時に、前とは違うものに変わったなと確信。
軸の取り方と、全身への意識が確実に変化していて
お邪魔した打ち上げでもそんな話をしました。
実はダンスを始めていて、その成果が少しずつ出てきていたところでした。
なるほどなるほど。

この時に私は、次にmielをやるなら、堀池くんを誘おうと決めておりました。
今回、参加してもらい、でも先週まで円形劇場にて『ネバーランド』に出演していた為
稽古には実質2週間も居られないという状況。
しかしながら、それでも出たいと言ってくれて今に至ります。
稽古の詰め作業に入り、冷静に周りをみつつも、おもしろを探る回路を持ち
また、その場に居る為のバックグラウンドをつくることに拘りがあり
探求する様は、劇研魂をちょっと感じます。
そうそう、先日34歳の誕生日を稽古場にて迎えました。
新生堀池直毅を、ぜひ会場でご覧ください。
horiike by mimiko8.jpg

























爽やか過ぎる写真ばかりで、なんか癪なので
こちらをどうぞ(笑)


撮影はすべて古市海見子ちゃんです。

07.22.2014

『 す き と お り 』役者紹介5(古市海見子)

mimiko by tsuji1.jpg

























俳優の紹介、5人目は
古市海見子(ふるいちみみこ)さん。

フリーの女優さんです。
海を見る子。これで「みみこ」と読みます。
鹿児島生まれ。
私と同じ年です。

私はみみちゃんと呼んでいますが
みみちゃんとの出会いは、空想組曲『小さなお茶会』です。
もう、何年前のことでしょうか。
(そうそう、この公演には今回出演してくれている堀池君も出ておりました)
もう一人同じ歳の女優さんがいましたが
それぞれ組んでいる役の関係で、舞台上で絡むことは全くありませんでした。

その公演を観に来ていた、ピーチャム・カンパニーの川口くんが
みみちゃんを気にいって
前身である地上3mm公演『ファウスト』に呼びました。2009年、3月のこと。
私もその公演に出ておりましたので、二つ目の共演です。
その時みみちゃんはメタリック農家の劇団員で、私はbird's-eye viewのメンバーでした。

その後、ピーチャムには結構な勢いでみみちゃんが登場し
かくいう私も劇団員ばりに頻繁に参加させて頂いたものですから
『ダンシング・ヴァニティ』『復活』と、
また1ヶ月に1本、三ヶ月でひとつのパッケージという作品にも出て
今回参加の中では、一番現場を共にしたことある人なのです。

『 す き  と お り 』というタイトルの元
透き通ることは、さらけ出すことでもある
とテーマを掲げている私は、みみちゃんに出てもらえてとても嬉しい。
この女優は、とてもさらけ出すのだ、色々と。
もちろん、演技をしているのだけれど、そこに嘘がない。
役へのアプローチの仕方、色んな道を持っている。
信頼する俳優です。

今回、ひとつ難しい役を渡しました。
テキストが来た時に、これはみみちゃん、と一発でキャスティングした物です。
古市海見子の奮闘っぷり、楽しみ方、そしてさらけ出す姿
ご堪能ください。
mimiko by tsuji3.jpg

























何をみているのかしら、いい笑顔。


撮影はすべて辻貴大くんです。




07.16.2014

『 す き と お り 』役者紹介4(辻貴大)

tsuji by mai2.jpg





















辻貴大(つじたかお)くんです。
カムヰヤッセンという劇団に所属しております。
今回の座組では、飛び抜けて一番の若手です。

カムヰヤッセンは何度か拝見しているのですが
意識して観た作品では、そこまで若いという印象ではなかったので
オファーの為に、お会いした際に
とてもびっくりした覚えがあります。
そんな辻くんも、私がずいぶん年上でびっくりしたそうです(笑)

私が辻くんをいいなと思ったのは
雑遊でやっていた公演『そうか、君は先に行くのか』でした。
聡明な、でも嫉みを抱えている役でした。よかった。
そのあとの二人芝居を観れなかったのは、とても悔やまれます。
でも、何か確信を持っていました。
mielの世界にハマるのではないかと。

全く踊ったことなどないという辻くんが
今回は踊ります。
アップのゲームをしている時、大きな身体の割には
想像よりはるかに機敏に動く姿は
決して運動神経が悪い訳でもなく、やはり
私の目に狂いはなかったと自負しているところです。

その長身、若者っぽい手足の長さ
存分に生かして、渦を起こしてもらうのが楽しみです。

しっかし、最近になって
辻くんのボケっぷりは半端なくて、驚くことしばしば。
聡明な、、、のイメージは、かなり崩れております。
だってね、じゃがいもが野菜と知らなかったり
握手するのに手を前に出して
と指示したら、
急に、あ、間違った、これじゃ右手と右手になっちゃいますね
と反対の手を差し出したり。(いいんですよ、同じ側の手と手でするのが握手ですから)

元東大生、しっかりー
と思うのですが
東大に入っちゃうようなすごい頭脳の持ち主は
どこか抜けているのかもしれない、と思うようにもなりました(笑)

でももいっかい言っておきます、辻くんしっかりー(笑)


撮影は、全て石井舞ちゃんです。

tsuji by mai3.jpg






















『 す き と お り 』役者紹介3(石井舞)

mai by noguchi1.jpg



















俳優三人目の紹介は
前回、『ま ○ る』の時にも出演してもらった石井舞(いしいまい)ちゃん。
その時の紹介はこちら
それから二年、38mmなぐりーずのまいまいとしても歌って踊って仕切って(笑)
一俳優としても、たくさんの客演現場を踏み大活躍でした。

私もいくつかの公演拝見しましたが、妹を好きで嫌いなお姉さんに
心があばずれな子に、死にたい風俗嬢に、、

あれ、なんかひどい役ばかりだ(笑)
でもどれもよかったな。

真面目で、清楚なイメージの舞ちゃんが、歳を少し重ねて
面白い役をやるようになったことに
わくわくもします。
二年前にお母さん役もやってもらいましたが
その時に、初お母さんだったそうです。
mai by noguchi2.jpg



















今回は、前回のmielの経験も生かし
積極的に取り組んでくれております。
38mmなぐりーずを卒業しても
公演続きで大変そうですが、踏ん張ってもらっております。
でも、稽古前にディズニーランドに一人で行っちゃうくらい元気だから
まだ大丈夫だな(笑)
mai by noguchi3.jpg
















私が舞ちゃんを好きな理由
ふと発する言葉が、少し遠慮したり気を使ったりしつつも
ずばりだったり、なるほどだったりするところ。
たまに、お、かなり毒寄りだ、と思っても
なんだか許せるところ。
前回も書いたけど、努力家であること。


今回も、いろんな顔の舞ちゃんが観れます。
お楽しみに。


撮影は全て、野口卓磨くんです。


07.10.2014

『 す き と お り 』役者紹介2(野口卓磨)

noguchi by chiaki1.jpg




















俳優の紹介
二人目は野口卓磨(のぐちたくま)君。


野口くんとの出会いは
私の居た東京オレンジの先輩劇団である山の手事情社がご縁です。
2003年の9月に東京、10月に鳥取で行われた『船弁慶』の時
私が音響のオペレーターをやっておりまして、鳥取公演にも行ったのです。
その時に研究生というか、たぶん新人だったのですね(調べてみたら野口君くんの山の手入団は2003年でした)
その野口君が現場におりました。
仕込みの休憩中に歩行(という歩く基礎稽古が劇研には伝わるのですが)を一人で熱心に練習しておりまして
それを見た私が、先輩風ふかせて
こうするとよいよー、なんて話しかけたりしてみたのがたぶん最初のコンタクトです。

そして、2007年の10月、森下スタジオで行われたTOKYO SCAPE WORKSHOP発表会。
私はbird's-eye viewの手伝いで入り、風琴工房さんに出ていた野口くんと再会。
そこからは、お名前は拝見するけれど、たまに同じ観劇をした際に出会うくらいのお付き合いでした。
そして、今年の春。
やはり山の手事情社です。
『ドン・ジュアン』を観に行った際のロビーにて、ひっさしぶりの再会。
聞けば、マルチェロの芝居に出る為、芸劇で稽古中とのこと。
その時、ちょうど今回のキャスティングのバランスに決め手を欠いていた私に
まさにこの人!という旗が立ちまして、連絡先を交換。
マルチェロとやった公演を観たかったけれど、叶わないままでしたが
もう、勢いでオファー。最近は野田さんの現場も多く、お忙しそうでしたが
なんと、この時期はちょうど空いているとのことで
快く出演を引き受けてくれたのでした!

あぁ、出会いと出演の経緯までで
すごい文字数になってしまった。。

そんな野口くん、稽古を進めるにつけ、誘ってよかったとしみじみ感じております。
たくさんのアイデアや意見を出しつつ、ではどうするのか、という方法まで探り試す
時間や手間を惜しまず。
その際の視点が俳優であり、演出家であり、観客であるのです。
よき現場に多く関わってきたのがわかります。
遠慮がちだった他の俳優たちも、彼の姿によって一気に活性化しました。
今は、誰もがそうして関わってくれて、稽古場がとても刺激的です。
ありがとう。
noguchi by chiaki.jpg

























んでも、会話劇、いわゆる普通の台詞を喋るのは久しぶりらしく
まずは適性音量から、ってblogに書いてたには笑っちゃいました。
そして、意外なことに実はちょっとダンスが苦手です。




写真は全て、与古田千晃ちゃんが撮影しました。



Next  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12