金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

12.05.2014

ワークショップのお知らせ(12月)

12月になり、いよいよ寒さも本格的になってきましたね。
仕事収めまでは、まだありますが
今年一年頑張った身体をほぐしにいらしてください。

身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
12月18日(木)18:30-21:30
12月26日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

『 す き と お り 』写真 その2

sukitori nc1.jpg



















iPhoneを持った人々が位置に立ち
海見子ちゃんが真ん中の椅子に座ると
米内山陽子さんのテキスト『      』を使ったシーン。


一瞬の無音を挟み
それぞれのiPhoneから、周りに在る音が流れ始める。

蝉の声、登校する生徒の声、車の音
扇風機など。
そして、その音が移動する時には、人も移動する。
音が様々流れる中、海見子ちゃんは声を出さずに手話で何かを話している。
sukitori nc2.jpg



















この後ろに見える並んでいる人たちは
玄関に荷物を置きに来た配達の人の音を
ドアの音、声の音(配達の人)、ポストの音などに分かれていて、出している。
ちなみに舞ちゃんは、部屋の中の扇風機。
sukitori nc3.jpg



















音の人たちが居なくなると、部屋の明かり。
海見子ちゃんの住む部屋。
すると、彼女は声を出しながら
さっきやっていた手話をもう一度繰り返す。
「わたし、広島出身の、三十五歳独身。聴覚、障害者です。自分ではろう者って言ってます。生まれつき?耳が聞こえません」
「本当に部屋が借りづらくって、不動産屋に入って、耳が聞こえないってだけで、こんな顔されちゃう」
「彼とはこの職場で知り合った。年下。」
そして彼(堀池くん)が紹介され出てくる。
sukitori nc4.jpg



















「けっこう、いけてるでしょ」
彼は、声を出さずに手話か口が動くだけ。

sukitori nc5.jpg



















海見子ちゃんには彼の声は聞こえない。
これは、彼がその昔付き合おうと書いて渡してくれた手紙を大事に持ってた
ってことがわかって、苦笑中。
sukitori nc6.jpg




























「君とちゃんと会話がしたい」
とまだ覚えたての手話で一生懸命言う彼。

sukitori nc7.jpg



















妊娠したかもしれない、どうしようで1週間。
そして、妊娠がわかった時に
どうすればいいかわからない。
sukitori nc8.jpg



















産婦人科に行って、調べてもらい
モニターに映る点滅を見た時。
「心臓、と彼が手話で言った。心臓。金魚みたいに必死でぱくぱくしている、赤ちゃんの心臓。」
彼がスイカを持っているのは、夏だからもありますが
この後に海見子ちゃんに渡します。
それが女のお腹が臨月まで大きくなる、というト書きをどうしようかと思った際の私の演出です。
sukitori nc9.jpg





























sukitori nc10.jpg



















「十分。やっと十分。もう六時間もずっと時計とにらめっこしてる。」
「痛みが10分間隔になったら病院に来いって言われたから、これでやっと病院に行ける。」
sukitori nc11.jpg



















「痛い痛い痛い。」
「彼のお母さんに人工内耳のことを聞かれたり、添加物に関する分厚い本を渡されたり、つわりでぐったりしてるときに病気じゃないんだからと言われたり....マタニティーヨガに強制的に参加させられたり」
sukitori nc12.jpg






「うるさいうるさいうるさい!妊婦だからって常に穏やかでいられる訳ないだろうが」




















タクシーに乗って、病院に着いた。
声が聞こえない私に、痛い?と書かれた紙が差し出される。
「見てわかるだろうがと思いながらうなずく。」
「いきんで!文字が目に飛び込んでくる。わたしは最後の力を振り絞って踏ん張る。」

sukitori nc13.jpg



















「胸の上に生暖かいカタマリをどぺっと置かれる。
それはトトトトト、という心臓の音をさせている。
大丈夫。大丈夫。無意識に撫でる。
視界に人の影。手を握ってくれてる。
わたしは、胸のぬくもりと、握る手をよすがに、疲れ切った体で眠りについた。」
sukitori nc14.jpg



















「透きとおるように晴れた、ある夏の日のことだった。」

聴覚障害者の女の子の話。
今までの苦労や、妊娠して、結婚して、義母に嫌みを言われたりして、そんなこともあるけれど
これは未来が明るい話。
ここで演じている二人は、もう子供を育てているという時間軸にして
思い出を想いを語っているようにしました。
すべて、海見子ちゃん演じる「わたし」のモノローグです。
初っぱなに、10分以上のモノローグで、手話も覚えて、すごく大変だったろうけれど
もう「わたし」でしかなかった海見子ちゃん。
手話にも、顔にもたくさんの感情と表情があって。
そして、横にいる、傍に居て受け取って、受け止めて、同調して、でも一人の男としている堀池くん。
優しい眼差しも、泣きそうな顔も、拗ねた顔も、色んな優しさ。
少年社中では見れないたくさんの顔。

すごい好きな二人のシーンでした。

テキスト:『      』 米内山陽子(トリコ劇場/チタキヨ)
撮影:三浦麻旅子

11.27.2014

『 す き と お り 』写真 その1

季節はすっかり冬ですが、ようやく夏の公演
miel #003『 す き  と お り 』の写真をアップします。
ご観劇くださった方も、そうでない方も
楽しんで頂けると幸いです。
これから挙げていく、舞台写真の撮影は
全て三浦麻旅子さんです。
sukitori op1.jpg



















暗転し、明かりが入ってくると
9人の俳優が、点々と立っている。

自分の前に鏡があり
それを見ているという時間。
空間には、自分一人しか居ないという意識。

鏡を見ながら、顔と首だけ動かして
映る自分を見ている。
sukitori op2.jpg



















映っていた自分の顔を手で隠し。

鏡を塗っていく。
最初はゆっくり、だんだん早く。

一面塗れたら、また違う色を重ねるイメージ。
とにかく塗りつぶす。
sukitori op3.jpg



















手だけじゃなくて、身体の様々な部分で
塗りつぶす。

塗りきって
もう一度鏡の前に立ってみると
周りには世界が広がっている。
sukitori op4.jpg



















他の人の存在に気づき
目を合わせ
そこに居る自分。相手が居て自分が居て。

そして、世界は動き出す。
sukitori op5.jpg



















人が動き、物が動き
すれ違う人と目が合い
何かを交わす。

例えば
動く世界を見ている舞ちゃん。
佐野くんは、千晃ちゃんを見ながら
次のことを、どこに行こうかを考えているのだろうか。
sukitori op6.jpg



















千晃ちゃんの置いた箱の上を
飛び越える野口くん。

佐野くんは、それも見ている。
sukitori op7.jpg



















様々な場所で、人が動き
出会って別れて、影響しあって。
sukitori op8.jpg



















中央にいる野口くんと舞ちゃんが
向かい合っているのは
実は最後の方に出てくる別のシーンの1ショット。
これ以外にも、実は物を持ったり渡したりするのが
このあとのシーンで関係を持っている人同士だったりしました。
sukitori op9.jpg



















これもですね。

そうして、同じ世界の中ですれ違っていた人々が
広がった世界の中で、一人一人の道を見つけて歩き始め
それぞれの物語を紡いでいきます。
この時は、一人一人が持つ世界のレイヤーが重なっているだけのイメージに変わるので
すれ違っても、向かい合っても相手のことは見えていません。
これは、後ほど出てくるシーンの一部でもあります。
sukitori op10.jpg





















例えば
この舞ちゃんと、堀池くんはこんなに近くにいるけど
全然別の話の人物として、そこにいます。

こんな瞬間を、またどこかで観客は見ることに。


sukitori op11.jpg



















これもそれぞれの道を歩いている。
そしていつの間にか、iPhoneを持って。
sukitori op12.jpg



















そして、次のシーンへと進むのです。
一人の小さな空間で、自分と向き合って
世界が広がって、他人と出会って
何かを交わして、それを携えて世界の中の一人になって...

というオープニング。


撮影:三浦麻旅子

11.13.2014

ワークショップのお知らせ(11月)

11月になり、ぐっと寒くなる日が増えましたね。
客演しましたDART'S『In The PLAYROOM』は
おかげさまで、無事に終演致しました。
ご来場くださった方々、ありがとうございました。

さて、遅くなってしまいましたが、今月のワークショップのお知らせです。


身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
11月20日(木)18:30-21:30
11月28日(金)13:30-16:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

10.19.2014

客演のお知らせ(In The PLAYROOM)

すっかり秋の空気になりましたね。

さて、今月末より客演する公演があります。
DART'Sという2009年から活動している劇団の2年ぶりの公演です。

今回の作品は、以前渋谷のギャラリールデコにて上演された物を
新宿に再構築した物ですが
俳優もほぼ違うので
すっかり新しい作品と言ってもよいようです。

「小説の登場人物になりませんか」
というメッセージを受け取った
シリーズ小説の愛読者たちが巻き込まれるサスペンス。
新宿を舞台にした「鬼ごっこ」。

緊張感と臨場感を体感しにいらしてください。

---
DART'S #003「In The PLAYROOM」
2014年10月31 日(金)~11月9 日(日)
@新宿シアター・ミラクル

脚本・演出 広瀬格(DART'S/smokers)
プロデューサー 池田智哉(DART'S/feblabo)

【CAST】
島田雅之(DART'S)/國重直也(DART'S/JOHNNY TIME)
浅見臣樹/今里真/金崎敬江(miel)/佐賀モトキ/椎谷万里江(拘束ピエロ)/
民本しょうこ/松澤くれは<火遊び>

【TIMETABLE】
10月
31 日(金) 20:00★
11月
1 日(土)14:00★/19:00★
2 日(日)13:00上映会/18:00★
3 日(月・祝)13:00★/18:00★
4 日(火)20:00上映会
5 日(水)20:00
6 日(木)15:00/20:00
7 日(金)15:00上映会/20:00
8 日(土)14:00/19:00
9 日(日)13:00/18:00

★前半割引:2500円
上映会:2010年4月に上演された「In The PLAYROOM -EXTRASTAGE-」の映像を上演します。
入場料:1000円
※受付開始・開場は開演の30分前。

【TICKET】(全席自由席)
前売・予約 3300円
当日券   3800円
前半割引  2500円(当日可)
学割    1800円(要学生証)
上映会   1000円

【お問い合わせ先】
090-8560-3381/info@dart-s.net

ご予約はこちらからもできます。(金崎扱い)
---

濃密な会話劇です。

皆さまのお越しをお待ちしております!

10.09.2014

ワークショップのお知らせ(10月)

10月になり、台風もいくつか訪れ
気圧の変化で、頭痛がしたりする方もいるかもしれません。
軸を整えて、リラックスする方法を覚えていると
少し楽になりますよ。
今月のワークショップのお知らせです。
客演の本番が近づいている為、今月は一回のみの開催です。


身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
10 月17日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

09.11.2014

『 す き と お り 』スタッフ紹介 その4

9月に入り、1週間。
公演から1ヶ月経ってしまいましたが
スタッフ紹介の続きです。
chizuru.jpg

























このお方。
制作補の後藤千鶴(ごとうちづる)さん。
演出助手と共に、小屋入りまでの
制作のお手伝いをしてくれる方を、Twitterなどで募集していたところ
照明の茜ちゃんがそれをRTしてくれて、そのほんの数分後に
メールが届きました。
興味あります、ぜひともお会いしてお話聞かせてくださいと。
その行動の早さを誇るのが、この千鶴ちゃん。
私はエビスでの公演中でしたが、小屋入り前にランチしつつお会いしてみたところ
目をきらきらさせて、今年は制作のこと色々やりたいんですと。

聞けば、自分の劇団もあるし、制作さんもしているし、マネージャーさんもしているし
実は作・演出もする、という大活躍っぷりなのに
それにも関わらず、ぜひと。
これは、お願いするしかないでしょう、と即断。
千鶴ちゃんも、なぜか私のことをすぐに気に入ってくださったらしく、即断。
ありがとう!

3万枚程あったチラシの折り込みの手配、実務
稽古場へのお気遣い、顔出し
とにかく気が利き、早いレスポンスで
実は理数系女子だってのが、すごくわかる頼れる千鶴ちゃん。

本番中は、蚊にさされつつも
受付にて皆さまを笑顔でお迎えしてくださいました。
千鶴ちゃん、終演後にお客さまが笑顔で劇場から出てくるところを
最初に見ることができるのが、制作やっててすごく楽しく嬉しいことなんだそうです。
今回も、そうだったでしょうか。
そんな笑顔のお客さまを私たちは劇場から送り出すことができたでしょうか。
どきどき。
私は千鶴ちゃんが、毎日楽しそうに現場に居てくれることが
とても嬉しかったです。
naoto.jpg

























そして、この方。
鶴見直斗(つるみなおと)くん。
本番中は、制作周り(主にご案内)をやってくださいましたが
クレジットはアンダー。
そうです、今回の座組では犬と串に出てた辻くんや、少年社中に出てた堀池くん&陽介くんが
稽古場への合流が遅れる為
どうしても男優のアンダーが必要だと判断。
これも様々ご相談などしていたのですがこれもなかなか見つからず
先に紹介した千鶴ちゃんに会って
ぎゅんと進展。
私の知らない俳優さんも知っているだろうな、と思って
ちょっとご相談したところ、うちにいいのがいます、というノリで紹介されました。
千鶴ちゃんは、私がいいって言ったんだから、いいですよとおっしゃいますが
さすがに私は、そこには即答できず、お会いしてお話させてくださいと申しました。
後日会ってお話しすると直斗くんも、ほぼ即断。
活躍する俳優さんだし、自分で殺陣を教えたりもして忙しいのに
楽しそうだし、現場好きなのでと。いい人!(笑)

稽古場には、翌日自分の本番あるのに来てくれたり
気付くと台詞覚えてたり、創作作業も楽しんでくれたりして
稽古が順調に進行できたのは直斗くんのおかげです。
そしてなんと、仕込みの日は照明の助手をやり、本番中は制作を。
この人もなんでもできるのでした。頼れる御人がここにも。
千鶴ちゃんのうちにいいのが居ますは、すごいいいのでした(笑)
しかも、スレンダーで笑顔も素敵で、物腰柔らかいので
お客さまにも大変人気がございましたので、男優陣は羨ましがっておりました。
直斗くんも現場を楽しんでくれて、とても感謝しています。
次は彼の舞台での姿を拝見したいと思います。

こうして、現場に付いてくださっていたスタッフの紹介はおしまいですが
次ももう少しだけスタッフの紹介をさせてくださいませ。



09.03.2014

ワークショップのお知らせ(9月)

9月になりました。

『 す き  と お り 』から、あっという間に1ヶ月です。
ずいぶん気温も湿度も変化し、夏バテの疲れが出てくる頃ですね。
暑さで疲れた身体を、エアコンで冷えた身体を、ほぐしにいらしてください。


身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
9月11日(木)18:30-21:30
9月26日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

08.29.2014

『 す き と お り 』スタッフ紹介 その3

testu et furukawa1.jpg


















次に紹介するのは
先日ご紹介した音響古川くんと写っております右の人。
佐野くんの紹介でも一瞬触れた、演出助手の鐵祐貴(てつゆうき)くん。
珍しい名字です。鐵くん。

『 す き  と お り 』の顔合わせの4時間程前。
早稲田のサイゼリアにて、初めましてをしました。
東京ジャンクZという劇団の畑田くんからの紹介です。そもそも、畑田くんと繋いでくれたのは、音響古川くん。
鐵くんも、東京ジャンクZの役者さんです。
顔合わせの日に、早稲田で会って概要を話したら、参加しますと言ってくれました。即答!
今日この後は時間ありますか、と聞くと、ありますとのこと。
では、顔合わせなので一緒にいきましょうと。
前回を踏まえ今回は
絶対に演出助手が必要なのだーと思っていて、TwitterやCoRichの掲示板などで呼びかけておりましたが
どうにも見つからないまま迎えた顔合わせの日。救世主。
なんというタイミングでの出会い!
ミラクルでした。しかも、授業で少し遅れる日があるものの、ほとんどの稽古に来れるという。
大感謝、大興奮、獅子奮迅(違うか)
で、顔合わせで紹介しました。「演出助手の鐵くんです、4時間くらい前に初めて会いました」(笑)

鐵くんも、早大劇研です。しかも現役です。
そして、なんと今年度の幹事長さんでした。
どえらい人を演出助手に呼んでしまいました。勢いのみで。
ちなみに私が新人だった時の幹事長は、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの堺雅人さんでした。

鐵くんは、初めましての後の顔合わせの時間までに
テキスト等を印刷するというお仕事を買って出てくれ
やるな、と思いました。
1ヶ月と少しの稽古にほとんど居てくれて、時には一緒にシーンを創ったりもし
また、様々な映像や稽古の記録を取り、毎回来れない俳優やスタッフへ
その連絡をしてくれる。
鐵君が居ない日の、なんと不安だったこと(笑)
皆にとって、なくてはならない存在だったはずです。
現役の学生で、普段は俳優をやっておりますが
今回の演出助手として、様々な部分で適任者でした。
劇研というと、ピリピリギラギラしているという私のイメージがあったのですが
鐵くんは、なんだか穏やかで、でもよく観ていて
私や俳優が質問したり、コメントを求めると、きりりとした言葉を渡してくれて
姫川亜弓風に言うならば「この子できる」でした。
千秋楽の日の笑顔。
tetsu2.jpg



maiko1.jpg



































そして次に紹介する
できる、といえばこの人。
制作の岩間麻衣子(いわままいこ)さん。
前回の『ま ○ る』でテキスト提供頂いた、吉田小夏さん率いる青☆組の制作さんでもあります。
麻衣子さんは、『ま ○ る』と、この『 す き  と お り 』で
当日運営をお願いしています。
私はピーチャム・カンパニーの制作補でいらっしゃる際に、大変お世話になりまして
そのできる様子を拝見していましたので、お仕事をお願い致しました。
今回は、広い場所がなかったのでできませんでしたが
仕込みの間ケータリングでお料理をしてくれると、とても美味しい物がひょいと出てきます。
温かい料理を頂けるのは、とても嬉しい。
また食べたいなー。
麻衣子さん、実に様々な現場を踏んできております。
私がどこかに観劇に行くと、受付やご案内の仕事をしている麻衣子さんに
よく会います。
麻衣子さんは、すっごく小さいのですが(身長がたぶん140センチくらい)
重い荷物をがしがし運ぶし、よく動くし、細かいこと気がつきます。
そして、彼女も仕事が速いし的確!

そうそう、一度客だしのご挨拶の際に
ちょっと言葉を間違えたそうなのですね。
それを聞いた音響の江村さんが
「麻衣子さんも、完璧じゃないんだって安心しました」というような
コメントをしていたのが、印象的でした。
そのくらい、仕事のできる人と思わせるのが、いやできるのが麻衣子さんです。
小屋入りし(劇場に入り)、私が出演する側になってしまうと
制作界隈のことは全く手につかなくなるので、いきなり麻衣子さんに丸投げです。
でも、わかりましたーと軽やかに返事をしあっという間に様々対応して
本番には、素敵にお客さまを迎えてくださいます。

麻衣子さんは、キーボードを弾き、パフォーマーとしても実は活動しております。
そして無類のお酒好き(笑)
終演後に皆で呑みに行った後、さらに地元の行きつけの店で飲み直す
らしいです。
それでも、当然翌日はしゃきっと笑顔で我々のリクエストを処理し
お客さまを迎えます。

写真撮りますよーといったら、ちょっと恥ずかしいので
仕事しているところでお願いしますと。
これは配券用の用紙を裁断しているところです。
千秋楽近くは、満員で狭い会場での客席づくり、誘導など大変だったかと思うのですが
なんの問題もなく、やはり頼もしいちびっこ麻衣子さんなのでした。

今回のスタッフ紹介は、以上のお二人。
また、次回をお待ちくださいませ。




Next  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12