金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

03.19.2015

『 す き と お り 』写真 その4

男女が居なくなると、奥から一人の男(佐野功)が出てくる。
疲れているのか、壁に手をつきながら。
sukitori ori1.JPG



















幕を見つめる男。
幕の後ろには、何かの気配。
sukitori ori2.JPG



















幕が上がると、奇妙な物体がそこにある。

sukitori ori3.JPG



















「一体なにがどうなって、お前はそんな風になっているんだ!今、なにが起きてるんだ!?ああ、この化け物め!やめろ!許せない。・・・俺はずっと耐えてきてやったじゃないか!」

音が鳴り始める。かなりの爆音で。
sukitori ori4.JPG



















奇妙な塊から、一人の女(与古田千晃)が生まれ出で、話し始める。

「「奇声をあげないと眠ってしまいそうだから」という絶望的にだらしない理由で日がな一日中「あー」とか「うー」とか「ぎゃー」とかエキセントリックにシャウトし続ける私のことをその男は苦悶の表情で見つめ続けて、そして、時に私の「ぎゃー」を遥かに凌ぐ上等でかつ残酷な、かつ可愛らしい迫力でもって泣き叫ぶ。」

しかし、女の言葉は男には届かない。男は、女を見えてもいないようで、塊に向かって話しかける。
sukitori ori6.JPG



















「どんどこどんどん、どんどこどん。」
「なんだ?何か話したのか?わけがわからない。  この化物!!いいから黙っていろ!」
「そお・・・妖怪、とか、化物、あ、私のことね。私が彼に抱いてる感情は、・・・「好き」。  
・・・そー、あたし、一等賞なの、彼に関して。彼がまだ踏みつぶせそうなほどミニマムな時代から彼を感じているわ。」
sukitori ori5.JPG



















「今、こうして、鉄格子沿いに彼を見るだに間違いなく、私が彼によって入れられているのは、「檻」・・・と言う事実。」
「動くな!俺の動揺に付け込んで逃げ出そうたってそうは行くものか!」
sukitori ori7.JPG



















「なんなんだ、どうしてお前の身体が、透き通り始めているんだ・・・?」
塊は女を取り込み、透き通り。
sukitori ori8.JPG



















「どんどこどんどんどんどこどん。」
「お前の胴体越しに、檻の向こう側が見えるではないか!」
sukitori ori9.JPG



















女を飲み込んだ塊は、別の女(石井舞)を立ち上がらせる。
「彼は私を見て泣き崩れた。もう、ね、崩れ方があまりに見事で、私はあの日のことを思い出したわ。」
sukitori ori10.JPG



















「夏場に牧場で買ってあげたソフトクリームを地面に落としてしまって、みるみる溶けゆくソフトクリームを前に彼が泣きべそかいたあの夏の日を。」
落ちた瞬間、輪になって座っていた塊はぎゃーともわーともつかない声を上げながら崩れ落ちる。
sukitori ori11.JPG



















男はひどく動揺し、檻の隙間に手を入れて手を触れようとするが、届かない。
「なんて愚かなのだろう?この檻の鍵を失くしてしまった!」
「鍵はわたしが飲みこんじまったのよ。」
sukitori ori12.JPG



















「どんどこどんどんどんどこどん、どんどこどんどん、どんどこどん!」
「お前はそんな姿ではないはずだ。」

「・・・・・・もうほとんど姿が見えないじゃないか!」
「私からあなたは、とってもよく見えるわ。」
sukitori ori13.JPG



















女がまた入れ替わる。
「私は、影ばかりになってしまう。」
「恨んでいるというのか?」
未来永劫あなたのそばに寄り添っても構わないの。」
sukitori ori14.JPG



















「お願いだ、わかってよ。どうして俺がお前をこの檻の中に閉じ込めたのか。」

そこにはもう誰もいない。ただ影だけがそこに残っていることに、男は気づかない。跪き檻の脇で泣く男。


というシーン。
これはおぼんろ末原拓馬くんのテキストから立ち上げました。
テキストには「化け物」と「男」という二人?しか出てきませんが
その化け物について様々な考察と存在の仕方を試して
こういう形になりました。
この形になるまでに、一番苦労したシーンです。
我々の考える男と化け物。
写真だと伝わりませんが、音楽の鳴り響き方、その中で声を出す男と女と塊のは
息遣いも含めて、たくさんのやり取りがあっておもしろかったのです。
佐野くんの叫ぶ姿、なかなかないのではないでしょうか。

テキスト:『「好き」と、檻。』 末原拓馬(おぼんろ)
撮影:三浦麻旅子

02.26.2015

ワークショップのお知らせ(3月)

まだ寒い日があるものの
少しずつ、春が近づいている2月の終わり。
3月の身体ワークショップのお知らせです。
3月から、月に二回は変わりませんが
2週目の火曜日と、3週目の金曜日に開催していこうと思っております。


身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
3月10日(火)18:30-21:30
3月20日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

02.06.2015

ワークショップのお知らせ(2月)

2月ですね。
雪が降る季節。
つい力が入ってしまう、固まった身体をほぐしにいらしてください。

身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
2月24日(火)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

01.15.2015

公演のお知らせ(【T OF N】)

稽古が始まって一週間と少し。

金崎敬江初めての、外部演出公演がございます。

3回程出演させて頂いた、エビス駅前バープロデュース。


mielのように、他の作家さんのテキストを演出します。

プロデューサー井上さんから提示されたいくつかの短編から、3つのテキストを選びました。

この3つを私なりにひとつのテーマに落とし込み、1つの作品になるように。


mielでは出演もしますが、今回は出演はしません。

でも、やはり私が構成して演出する以上、mielっぽくはなるんだな

としみじみ感じておりますし

初の外部演出作品、お目にかけるのをドキドキわくわくしています。


mielの公演は、なかなかできないので

是非とも、皆さまに観て頂きたい!!

脚本も俳優もいいですよ。


本番まで、もう一ヶ月を切っておりますが

本日がチケット発売開始です!

お待ちしております。


---

エビス駅前バープロデュースREBOOT

T OF N


脚本:中嶋康太(Mrs.fictions

演出:金崎敬江(miel


日程:201525() -219()


会場: エビス駅前バー(JR恵比寿駅西口から徒歩5分ほど)

150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-8-9


出演 :酒井香奈子、荻山博史(smokers)、田中千佳子(チタキヨ)、永山盛平(タイガー)

   斉藤麻衣子、大沼優記(シアターキューブック)、萱怜子、赤澤涼太


料金 :前売当日共に3,800円(1drink別)

【割引】

①「エビスへつれていって割」...お二人以上のお越しで500円引き(割引あるから一緒に行こうよ!と気になるあの人を誘いましょう)

②「エビスなんかじゃないもんで割」...渋谷区恵比寿以外にお住まいの方は誰でも500円引き。受付で「恵比寿に来ました」とお伝え下さい。
ともに受付にて割引、併用不可。


【スケジュール】

2

5 (木)21:00

6 (金)19:00 21:00

7 (土)13:00 16:30 19:00

8 (日)13:00 16:30 19:00

9 (月)     【休演日】

10日(火)19:00 21:00

11日(水)19:00 21:00

12日(木)19:00 21:00

13日(金)21:00

14日(土)13:00 16:30 19:00

15日(日)13:00 16:30 19:00

16日(月)19:00 21:00

17日(火)19:00 21:00

18日(水)19:00 21:00

19日(木)16:30 19:00 21:00


【発売日】2015/01/15

チケット予約

http://ticket.corich.jp/apply/61733/011/

(金崎扱い)


スタイリスト:タニノルミコ(ホチキス)

音響:河相朱音

映像:島田毅

製作補佐:松島瑞江(アンデム/エムキチビート)

製作:井上淳

---

01.14.2015

ワークショップのお知らせ(1月)

新年最初の身体ワークショップのお知らせです。

来月にある稽古が入っている為、今月は一回のみの開催です。

身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
1月22日(木)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

01.07.2015

新年のご挨拶

2015年、あけましておめでとうございます。

昨年は『 す き  と お り 』にご来場、ありがとうございました。

気にかけてくださり、応援してくださり
ありがとうございました。

また、参加してくださった作家さん、俳優さん、スタッフさんなど
私一人ではできないことを
たーくさんの方々のおかげで実現できまして
それを、お客さまが観にいらしてくださって
ぎゅうぎゅうと詰まった幸せな時間でした。

そして、月に二回の身体ワークショップにも
色んな方が参加してくださいまして
楽しく帰って行く姿を見るものよい時間でした。

ありがとうございます!


今年のmielの活動は、身体ワークショップの継続以外は未定ですが
金崎敬江個人としての活動は少しずつございますので
そちらも応援くださいますと嬉しいです。

今年もmielと金崎敬江を
どうぞよろしくお願い致します!

2015年1月7日

12.19.2014

『 す き と お り 』写真 その3

sukitori pinkno1.jpg



















照明が変わって、曲が入ると女優が揃う。

実は一つ前のシーンの終わりでもある
ダンスのシーン。
sukitori pinkno2.jpg



















sukitori pinkno3.jpg




















sukitori pinkno4.jpg



















見守る堀池くん。


sukitori pinkno5.jpg










sukitori pinkno6.jpg






























sukitori pinkno7.jpg




















sukitori pinkno8.jpg



















男の子たちも出てきて、歌詞に合わせた
そして、前のシーンの二人を表すような
振りで。
sukitori pinkno9.jpg



















sukitori pinkno10.jpg








好きの手話











sukitori pinkno11.jpg




















sukitori pinkno12.jpg



















周りの二人は仲良くいなくなり
そして、二人もお互いを想っている
という手話をして
出かけます。



曲:Eel ピンクのチューリップに黄色いめだまやき
振付:金崎敬江
撮影:三浦麻旅子


12.05.2014

ワークショップのお知らせ(12月)

12月になり、いよいよ寒さも本格的になってきましたね。
仕事収めまでは、まだありますが
今年一年頑張った身体をほぐしにいらしてください。

身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
12月18日(木)18:30-21:30
12月26日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!

『 す き と お り 』写真 その2

sukitori nc1.jpg



















iPhoneを持った人々が位置に立ち
海見子ちゃんが真ん中の椅子に座ると
米内山陽子さんのテキスト『      』を使ったシーン。


一瞬の無音を挟み
それぞれのiPhoneから、周りに在る音が流れ始める。

蝉の声、登校する生徒の声、車の音
扇風機など。
そして、その音が移動する時には、人も移動する。
音が様々流れる中、海見子ちゃんは声を出さずに手話で何かを話している。
sukitori nc2.jpg



















この後ろに見える並んでいる人たちは
玄関に荷物を置きに来た配達の人の音を
ドアの音、声の音(配達の人)、ポストの音などに分かれていて、出している。
ちなみに舞ちゃんは、部屋の中の扇風機。
sukitori nc3.jpg



















音の人たちが居なくなると、部屋の明かり。
海見子ちゃんの住む部屋。
すると、彼女は声を出しながら
さっきやっていた手話をもう一度繰り返す。
「わたし、広島出身の、三十五歳独身。聴覚、障害者です。自分ではろう者って言ってます。生まれつき?耳が聞こえません」
「本当に部屋が借りづらくって、不動産屋に入って、耳が聞こえないってだけで、こんな顔されちゃう」
「彼とはこの職場で知り合った。年下。」
そして彼(堀池くん)が紹介され出てくる。
sukitori nc4.jpg



















「けっこう、いけてるでしょ」
彼は、声を出さずに手話か口が動くだけ。

sukitori nc5.jpg



















海見子ちゃんには彼の声は聞こえない。
これは、彼がその昔付き合おうと書いて渡してくれた手紙を大事に持ってた
ってことがわかって、苦笑中。
sukitori nc6.jpg




























「君とちゃんと会話がしたい」
とまだ覚えたての手話で一生懸命言う彼。

sukitori nc7.jpg



















妊娠したかもしれない、どうしようで1週間。
そして、妊娠がわかった時に
どうすればいいかわからない。
sukitori nc8.jpg



















産婦人科に行って、調べてもらい
モニターに映る点滅を見た時。
「心臓、と彼が手話で言った。心臓。金魚みたいに必死でぱくぱくしている、赤ちゃんの心臓。」
彼がスイカを持っているのは、夏だからもありますが
この後に海見子ちゃんに渡します。
それが女のお腹が臨月まで大きくなる、というト書きをどうしようかと思った際の私の演出です。
sukitori nc9.jpg





























sukitori nc10.jpg



















「十分。やっと十分。もう六時間もずっと時計とにらめっこしてる。」
「痛みが10分間隔になったら病院に来いって言われたから、これでやっと病院に行ける。」
sukitori nc11.jpg



















「痛い痛い痛い。」
「彼のお母さんに人工内耳のことを聞かれたり、添加物に関する分厚い本を渡されたり、つわりでぐったりしてるときに病気じゃないんだからと言われたり....マタニティーヨガに強制的に参加させられたり」
sukitori nc12.jpg






「うるさいうるさいうるさい!妊婦だからって常に穏やかでいられる訳ないだろうが」




















タクシーに乗って、病院に着いた。
声が聞こえない私に、痛い?と書かれた紙が差し出される。
「見てわかるだろうがと思いながらうなずく。」
「いきんで!文字が目に飛び込んでくる。わたしは最後の力を振り絞って踏ん張る。」

sukitori nc13.jpg



















「胸の上に生暖かいカタマリをどぺっと置かれる。
それはトトトトト、という心臓の音をさせている。
大丈夫。大丈夫。無意識に撫でる。
視界に人の影。手を握ってくれてる。
わたしは、胸のぬくもりと、握る手をよすがに、疲れ切った体で眠りについた。」
sukitori nc14.jpg



















「透きとおるように晴れた、ある夏の日のことだった。」

聴覚障害者の女の子の話。
今までの苦労や、妊娠して、結婚して、義母に嫌みを言われたりして、そんなこともあるけれど
これは未来が明るい話。
ここで演じている二人は、もう子供を育てているという時間軸にして
思い出を想いを語っているようにしました。
すべて、海見子ちゃん演じる「わたし」のモノローグです。
初っぱなに、10分以上のモノローグで、手話も覚えて、すごく大変だったろうけれど
もう「わたし」でしかなかった海見子ちゃん。
手話にも、顔にもたくさんの感情と表情があって。
そして、横にいる、傍に居て受け取って、受け止めて、同調して、でも一人の男としている堀池くん。
優しい眼差しも、泣きそうな顔も、拗ねた顔も、色んな優しさ。
少年社中では見れないたくさんの顔。

すごい好きな二人のシーンでした。

テキスト:『      』 米内山陽子(トリコ劇場/チタキヨ)
撮影:三浦麻旅子
Next  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12