金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

『 や み つ き 』役者紹介 その1(江間直子)

『 や み  つ き 』初日まで一週間を切りました。
俳優の紹介を始めます!

トップバッターは、この人。
江間直子(えまなおこ)さん。無名塾の所属です。
ema by cogy.jpg





















いつもちょっとおもしろおしゃれな格好をしています。
道産子の私は、江間ちゃんのお洒落を見ていると
東京っ子だなぁと感じるのです。
子とはいうものの、実はもう演劇20年選手。
来年の2月には、無名塾にて演出をするという強者です。
バレエをずっとやってきています。子供たちにも教えています。

直接の面識はなく紹介を受けて、渋谷のとあるカフェで初めましてと現れた時に、纏う空気が好きだなと感じました。

過去のmiel公演のDVDを観て、熟考させてくださいという言葉を受け
そこからのご参加の返信を頂いた時は嬉しかったです。

「やってみないとわからない」と江間ちゃんは稽古場でよく言います。
俳優として、信頼できる言葉です。
また演出をやっているだけあって、周りのことをよく観ている。
新しい引き出しを開ける努力を惜しまない、そこには自分がしっかりある。

今回の6本のテキストの中で、これは江間ちゃんに是非ともとお願いしているものがあります。
強さと明るさを持った役。
諦めているようで、でも未来を見つけた役。
今までも様々挑戦してきた江間ちゃんが、ちょっと困りながらも、そこに居ることに拘って創ってもがく姿を
毎日楽しく観ております。

お客さまがいる空間に立った時、すごいパワーと美しさを出すのだろうな
とわくわくします。
男優たちも惚れ直すがよい(笑)


写真は杉森裕樹くんが撮りました。
どこか帰りのホームかしら。


江間直子専用チケット予約フォーム




10.20.2016

『 み ち 』舞台写真 その6

次のシーンは「Tete」というタイトル。
殺陣、なのです。

michi tate1.jpg



















暗くなって、2本のマスキングテープが引かれる。斜めに。
太い道。

michi tate2.jpg




















離れて向かい合う男たち。
戦い始める。
michi tate3.jpg



















徐々に近づいていく。

michi tate4.jpg



















それぞれの線上で戦っているので、近づいてもすれ違っている。
鏡越しに技を止める、佐野くん。
michi tate5.jpg




















線を両方踏み、実際に組み合う二人。
弟子と師匠のような関係。
michi tate6.jpg




















居る線と立ち位置が変わる。

michi tate7.jpg




















色んな技を繰り出す弟子(一平くん)

michi tate8.jpg



















受けたりかわす師匠(佐野くん)

michi tate9.jpg



















そして、技をかけられる。

michi tate10.jpg



















額を打たれる。

michi tate11.jpg




















倒れる。
michi tate12.jpg



















このシーンは、江村氏がジャンベの生演奏で
呼吸や動きに合わせて即興でのやりとりをしていました。
すごくかっこいいシーン、だったはずです。(本番は観れてないので、ちょっと悔しいのです)


殺陣振付:佐野功
演奏:江村桂吾
撮影:三浦麻旅子




10.12.2016

『 み ち 』舞台写真 その5

椅子が運ばれてきて、座る男。
犬のリードを足につけられる女。
その持ち手は、座る男に渡される。
michi suki-tori1.jpg


















ミナモザ 瀬戸山美咲さんの『 す き  と お り 』への提供テキストのシーンです。

michi suki-tori2.jpg



















無言のまま女は歩き、部屋を出ていこうとする
と男が、リードのストッパーを使い引き止める。
「どこ行くんですか?あなたの住所も電話で報告しました。」
「......。」
「金輪際、家に帰らないなら別ですが。」
「......。」
michi suki-tori3.jpg



















リードの長さが短くされ、物理的に引き戻される女。

男の周囲を歩く。
男「なんで8年も。」
女「......。」
男「しかし、こんなに簡単に見つかるとは思いませんでしたよ。魔が差したんですか。」
女「......。」
michi suki-tori4.jpg



















男「うちは人探しに関しては、独自のネットワークを持っています。最短30分です。

8年って、失踪宣告を出されてもおかしくない時間ですよ。まあ、お兄さんも最後の賭けに出たんですかね。それが一発。」
女「......。」
男「これまでどうしてたんですか。男に食わせてもらってたんですか?」
女(違うという表情)
男「ご自分で仕事を。」
女「はい。」
男「どんな。」
女「ただ......自分にできる仕事をしていただけです。」
男「そもそも、どうして失踪したんですか。」
女「だめだ、やっぱりお兄さんにすぐ来てもらうよう連絡します。(電話を手に取る)」
michi suki-tori5.jpg




















女「8年前、金魚を飼っていました。」
男「は?」
女「一人暮らしの小さなアパートで、小さな金魚鉢で小さな金魚を飼っていました。かわいくて、かわいくて、毎日がんばって世話しました。あるとき、付き合い始めたばかりの男の人に、旅行に誘われました。おそろしく暑い夏でした。金魚のことはすっかり忘れていました。気づいた時には、3日もほっぽっていました。クーラーなんてうけて来ていません。窓際に置いた金魚鉢が頭に浮かびました。そうしたら、なんか家に帰りたくないなって思ったんです。」
男「はあ......。」
女「で、そのまま帰りませんでした。」
michi suki-tori6.jpg



















そして、家族のことは気にならなかったのかなどを尋ねる男。
ウェブで見て、両親とも亡くなっていることを知っていると話す女。
親の死というタイミングでさえ、何故帰らなかったと尋ねる男。
女「本気で探していると思わなかったからです。」
男「どういう意味ですか。」
女「帰らなくなって気づいたのは、自分から消える必要もなかったってことです。」
小さい頃から、家族は兄の方しか見ていなかったと話す女。父親は元々身体が弱かったから、近いうちに死ぬと思っていたと。
男「......でも、死んだら取り返しつかないじゃないですか。」
女「そうですよ。私は取り返しがつかなくなるのを待ってたんです。」
男「お兄さんになんて報告すれば。」
女「もう関わらないでください、と伝えて下さい。」

沈黙。

michi suki-tori7.jpg



















男「取り返しがつかなくなるのを待つ。でも、取り返しがつかなくなったはずのことはいつまでもあなたを追いかけてくる。どこまでもどこまでも追いかけてくる。」
逃げ続けて、忘れられる時もあるかもしれないけれど、いざという時なにもできない。
それはあなたは居ない人だから、と話す男。
男「でも、それもありじゃないですか。」
女「は?」
男「それで自分が死なないですむなら。」
女「......。」
男「死にたくなかったんでしょう。あなたは消えてしまいたいけど、死にたくはなかった。失踪の理由なんて全部一緒、それだけです。金魚は関係ありません。あなたは本当に取り返しがつかないことはしたくなかったんです。」
どうすればよいかと尋ねる女に、困ったらまた消えちゃえばよいと言う男。
あなたはかくれんぼのプロだと。
女「ふざけないでください。」
男「もーいーかい?みーつけた!」
女「ふざけないでください!」

と、視線を外に向ける二人。

男「よかったですね、かくれんぼが終わっていなくて。」
と、男はリードのつなぎ目を外す。女の足が自由になる。

女は、走って去る。


『 す き  と お り 』では、喫茶店の中の設定を生かして
向かい合った男女で話す動きがあまりないシーンでしたが、再演にあたり
心理的な要素を動きと、犬のリードを使って立ち上げてみました。


テキスト:「透き通り、」瀬戸山美咲(ミナモザ) 『 す き  と お り 』提供テキスト 『 み  ち 』用に改訂
撮影:三浦麻旅子


09.14.2016

miel #004『 や み つ き 』のお知らせ

miel04_omote.jpg




























お待たせ致しました!!
ようやくのお知らせです。

miel、二年ぶりの本公演は『 や み  つ き 』というタイトルです。
(「み」と「つ」は全角スペース、それ以外は半角スペース。)

「闇」と「月」
闇には隠された色々なものが在る。
闇に浮かぶ月の光。月の大きさが変われば、光も変化する。見えてくるものも変わる。

「病みつき」
夢中になったり、取り憑かれていて、逃れられないこと。
どうしても手放せないもの。

そんなことが、ぎゅっと詰まった作品です。
4月の企画公演 -La petite boîte 1-『 み  ち 』からの流れもあり
未知から道ができた、その先に見えてきたものたち。
是非、体感しにいらしてください。

また、4月公演『 み  ち 』にご来場のチケットをお持ちのお客さまへの特典は
追ってお知らせ致します。

---
miel #004『 や み  つ き 』
2016年11月3日(木)-11月8日(火)
スタジオ空洞(池袋)

<構成・振付・演出> 
金崎敬江

<出演>
岡野一平
杉森裕樹
谷畑聡(劇団AUN)
沼田星麻(アマヤドリ)
むらさきしゅう
江間直子(無名塾)
大内慶子
与古田千晃(T1project)
金崎敬江(miel)


<テキスト提供>
末原拓馬(おぼんろ)
登米裕一(キリンバズウカ)
羊屋白玉(指輪ホテル)
松澤くれは(火遊び)
柳井祥緒(十七戦地)
米内山陽子(チタキヨ)

<スタッフ>
照明   加島茜
音響   江村桂吾 古川直幸
美術   袴田長武(ハカマ団)
衣装   川口知美(COSTUME80+)
舞台監督 西廣奏
演出助手 鐵祐貴(東京ジャンクZ)
制作   横内里穂
制作補助 紫藤祐弥
フライヤーデザイン nahooo
スチール撮影 三浦麻旅子
映像撮影 藤波大地(WHITEHOLE株式会社)


<タイムテーブル>
11月3日(木)19:30
11月4日(金)15:00/19:30
11月5日(土)15:00/19:00
11月6日(日)14:00/18:00
11月7日(月)15:00/19:30
11月8日(火)14:00/18:00

※受付開始 開演の40分前   開場 開演の20分前


<チケット>
前売 3,500円
当日 3,800円
チケット発売 2016年9月15日 10:00
ご予約は
カルテットオンライン https://www.quartet-online.net/ticket/miel_ymtk
メール miel.miel.2010☆gmail.com (☆を@に換えて)


<協力>
東宝芸能、劇団AUN、株式会社ジェイ・クリップ/リベルタ、アマヤドリ、プリッシマ、無名塾、オフィス・エイツー、T1project、
おぼんろ、キリンバズウカ、指輪ホテル、<火遊び>、十七戦地、チタキヨ
Briques et Mortiers,134 LLC、ハカマ団、東京ジャンクZ、TRASH MASTERS、WHITEHOLE株式会社
中島透(LUG HUB)、秋山孝二(北海道演劇財団)
---
miel04_ura.jpg


























『 み ち 』舞台写真 その4

他の二人がやってきて、場が明るくなる。
と、新たに線が引かれる。
michi FS1.jpg




















今までの線に対して垂直に三本足されて
枠ができて9個の正方形が床に。

michi FS2.jpg




















引かれた線の端に立つ。
汗だくの一平くん。
佐野くんのテープの貼り方は、いつも職人のようだった。

michi FS3.jpg



















線に沿って歩き出す。波のような動き。
立ち止まり話し始める千晃ちゃん。
他の人はルールに沿って歩き続けます。
糸井幸之介くんの「Favorite Street」
二年前の『 す き  と お り 』に提供してくださった、モノローグのテキストです。
「この通りは、あたしの好きな通りです。ここに生まれてから5歳までを過ごした家がありました。」
元々は漁師の家だった、その家の窓から見える海。砂をお父さんに洗い流してもらったこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」

michi FS4.jpg



















歩きのルートが変わり、次は一平くん。
「この通りは、僕の好きな通りです。小学校の6年間、毎日歩いた通りです。」
ジャンケンをして、負けたらランドセル持ちをしたこと。ツツジの蜜を隣のクラスの女の子と吸ったこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS5.jpg



















また歩くルートが変わります。
常に線の上を歩くこと、そのシーンごとの幾何学的ルートに基づいて、話す人以外は規則正しく歩き続けること、がこのシーンのルールです。
規則正しくの為に、メトロノームの音が鳴り続けています。
次は佐野くん。
「この通りは、俺の好きな通りです。部活の帰りよく買い食いした駄菓子屋がありました。」
バスケ部で、夏は暑くてペヤングを食べたこと。郵便ポストの横でマネージャーに告白したけど、フラれたこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS6.jpg




















次は私、敬江。
他の人は長方形のルートを歩いています。
「この通りは、あたしの好きな通りです。大学時代やってたバイト先がすぐそこなんです。キャバクラなんですけどね。」
緊張しちゃうから、いつもドトールでカフェラテ飲んでから出勤したこと。隣の店のお兄さんの元気な挨拶。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS7.jpg



















ぐるりと大きな外枠を並んで歩き
とあるポジションから、少し複雑な歩きに。
でも、同じルート通っていたのです。
始まる場所が違うので、そう見えるだけで。
michi FS8.jpg



















そして佐野くんが中央で話し始める。
「この通りは、僕の好きな通りです。公園通りです。」
自分の住んでたアパートに彼女が住むようになって、よく公演の遊歩道を散歩したこと。笑顔の素敵な彼女が、雨上がりに遊歩道に打ち上げられたいた魚をじっと見つめていたこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS9.jpg



















話している人がiPhoneに向かっているのは
その場で話していることを録音し
話し終わると、録音された音声を流しながら歩いています。
なので、二人目以降の人がiPhoneに録る音は、前の人が録音した音とそこの後ろにかかっていたメトロノームの音も一緒
ということです。
それが繰り返されているので、この千晃ちゃんが話す頃には
この場にはかなり多くの音が溢れています。
「この通りは、私の好きな通りです。赤ちゃんができて通った産婦人科がこの坂の上にあります。」
夫がたまにお姫様抱っこしてくれたこと。夏に自動販売機で当りが出て、サイダーがもう1本当たったこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS10.jpg



















一つの角ごとに曲がり、ジグザグに歩きます。
話し出したのは一平くん。
「この通りは、私の好きな通りです。右に行くと仕事帰りによく立ち寄った焼鳥屋があって、左に行くと左に行くと仕事帰りによく立ち寄ったピンサロがあります。」
妻子持ちでお小遣い制だったので、どちらかしか行けない中、ある日ピンサロ行ってから焼鳥屋に行っちゃったら
ピンサロで付いてくれた女の子が、一人で飲みに来て、お互い気づかぬふりで飲んだのでした。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS11.jpg



















一平くんも歩きに加わり、録音された音がわんわんと鳴る中
全員大きな正方形の角に。
michi FS12.jpg



















立ち止まると鳴らしていた音を止め
予め録られていた同じ言葉を鳴らします。
「この通りは、好きな通りです。今はもう、なんにもなくなってしまいました。」

このテキストがすごく好きなことは、前回公演でも2シーンで使ったことでおわかりかと思います。
それに『 み  ち 』のタイトルにふさわしい、道の話でしたので。
前回の『 す き  と お り 』では、それぞれの通りを歩いているのが重なっているシーンと
それぞれの物語を、全員の身体で体現するシーンとして演出しました。
この『 み  ち 』では、街を規則的に歩く様子、様々な雑踏、無機質に歩いている人にも想い出、感情があること
なんかが見えるといいな、と思って演出しました。

続いて、俳優のよい顔(笑)
与古田千晃
michi FS chiaki.jpg



















岡野一平
michi FS ippei.jpg



















佐野功
michi FS sano.jpg



















金崎敬江
michi FS hiroe.jpg
























テキスト:「Favorite Street」糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣) 『 す き  と お り 』提供テキスト
撮影:三浦麻旅子





09.06.2016

ワークショップのお知らせ(9月)

暑さが残るものの、空は秋の様子。
この時期になると、実は夏バテが顔を出します。
これから涼しく過ごしやすくなる時に、元気な身体でいる為に
是非、自分の身体の今を確認しにいらしてください。

今月のmielのワークショップのお知らせです。
この身体(からだ)ワークショップは基本的に
2週目の火曜日と、3週目の金曜日に開催しております。
ご予定組む目安にして頂けたらと思います。


身体を骨の構造に基づいて整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
9月13日(火)18:30-21:30
7月23日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 2000円 ※8月より変更しました

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております。


08.29.2016

『 み ち 』舞台写真 その3

舞台に残った二人。
明かりが落ちて、プロジェクターからの映像が流れ
ゆっくりと歩きながら、象になる。
michi murasaki1.jpg



















無言で象として、コミュニケーションする。
鼻を絡めたり、身体をぶつけたり。
そしておもむろに話し始める。
「ただいま」「おかえり」「待ってた」
「ごめん、少し遅くなって、まだ間に合う?」「でも急いで」

象だったはずの二人が、ボーダーレスに違う動物に変化していく。
会話はそのまま続く。
michi murasaki2.jpg



















「服はどうしよう」「どっちでもいいわ」
「荷物は」「いいから、ここに来て」
「わかった」「ほら、早く」「うん。始まる?」「もう」
「どこから?」「始まりは誰も気づかない。でも次に気づいた時」「......本当だ」「それが」「紫の滲む夜」
michi murasaki3.jpg



















「考えてみたんだけど」「何を」
「紫の滲む夜には、君と何を飲むべきか」「ええ」
「でもよくわからなかった」
michi murasaki4.jpg



















「私もぎりぎりまで悩みはしたの」「何を」
「あなたにどんな食べ物を用意して、こんな夜を迎えるべきなのか」
「でもわからなかった」「だって仕方ないじゃない。もう誰も、前に紫の滲んだ夜のことをほとんど覚えていない」
michi murasaki5.jpg



















「そして次に紫の滲む夜がいつ来るのか、誰にもわからない。だからこれが、君と過ごす最初で最後の紫の滲む夜、かもしれない」「そういうこと」
「どこへ行くの」「やっぱり、こんな時くらい、贅沢をしてみようか」
michi murasaki6.jpg



















「大事に閉まっておいたシャンパン」「いいからここにいて」
「離れないで、ひと時も」「......わかったよ」
michi murasaki8.jpg



















「それから、今夜はいつもの下らない質問も禁止ね」「下らない?」
「そうよ。幸せか不幸せか、これまでにして来たこと、これからしたいこと、そういうの」
「それが下らない?」

michi murasaki7.jpg



















「下らないわ。今夜に限っては。ただ、そばにいてくれればいいの」
「承知しました」
michi murasaki9.jpg



















「ずいぶんと滲んできたようだね」「そうね」
「大丈夫なのかな。このままだと目覚めた時には、世界は紫に塗り替えられているんじゃないか」
「私はそれも悪くないと思うけど」
「僕はやっぱり困るよ」「どうして?」
michi murasaki10.jpg



















「楽しみましょう、紫に滲んだあなたと」
「紫に滲んだ君。ねえ」
「何?」「この世界は元通りになるとして」
「ええ」
「僕たちは?明日の朝の僕たちは、それもいつも通りの僕たちなのかな」
「......それはわからない」「やっぱり」
「そしてそれは」「うん」「今は、どうでもいい、とてもくだらない質問よ」
michi murasaki11.jpg



















二人の身体は
様々な変化(へんげ)をして
陸海空を行き来し、途中一平くんは恐竜になったりもし時代を超えて
異種同士でのコミュニケーションもあり、それは時には仲良くなるだけではなく
攻撃的であったりもする。

このテキストは、2010年の旗揚げ公演 miel #001『こ こ  ち   り』の際に
劇団競泳水着の上野くんが書いてくださったもの。
紫の滲む夜、を世界や地球規模のものに進化させたくて、こういう演出にしました。
映像は、あるルールに基づく点の動きが、ループしていって
大きな絵を、世界を作り出す。
それが、二人の演じる動物の身体に、会場の壁面や天井に映し出される。

不思議であるけど、この世界を受け入れるしかない、という暴力性も少し伴ったシーンでした。
これを思いついた時に、この二人の俳優だからこそ成立すると直感。
愛嬌のある二人だからこそ。


テキスト:「紫の滲む夜に」上野友之(劇団競泳水着) 『こ こ  ち   り』提供テキスト

撮影:三浦麻旅子




08.15.2016

『 み ち 』舞台写真 その2

オープニングから続けての最初のシーンは「Yoko」。
ダンスシーンです。

曲が乗り変わり明るくなると
元々引いてあった線から男子がマスキングテープを貼り、横に線を引き始めると
その線を女子が歩きます。
michi yoko1.jpg




















端に辿り着いて出会う男女。
女子が反対側に歩き出すと男子が後ろを追い
michi yoko2.jpg




















その後、マスキングテープをもらった女子が
もう二本線を足すと
男子はそこを歩き、大きなアクションでコンタクト。
michi yoko3.jpg

















michi yoko4.jpg
行ったり来たり、牽制し合っている中で
飛ぶ佐野くん。

















負けじと飛ぶ一平くん。
この狭い中、二人ともよく高く飛ぶ!
写真ではないのですが、このターンの最後にライン上にて、二人は側転しておりました。
michi yoko5.jpg



















そして全員で端から歩き始めます。
4本の線。4人の道。
michi yoko6.jpg



















足を振り上げて進行方向を変えたり
michi yoko7.jpg



















上方から手の指先で空に線を描いて床の線に触れたり
michi yoko8.jpg




















michi yoko9.jpg線の上で大きく開き
呼吸してみたり
















伸び上がり、クラウチングスタートになって

michi yoko10.jpg



















別々の振りに。
ちょっとズレて同じことが起きたり、上下だったり、反対の足が同時に上がったり
違うようで重なる動き。
michi yoko11.jpg



















それから、綱渡り。
バランスを崩しそうになっているところ。
michi yoko12.jpg



















michi yoko13.jpg





















そして最初に歩き始めた場所と、反対から
また4人の道を歩き始める。

自分で作った道を歩く。
それぞれの道から、2人の道、4人の道、空間となり
関係が生まれて、また別々に歩き出す。
そんな流れのダンスシーンでした。
ちなみに線以外には足を付かない、のがルールでした。


m:Soul bossa Nostra

撮影:三浦麻旅子


07.03.2016

ワークショップのお知らせ(7月)

いよいよ暑くなってきましたね。。
これからの季節を気持ちよい身体で過ごす為にも
是非、自分の身体の今を確認しにいらしてください。

今月のmielのワークショップのお知らせです。
この身体(からだ)ワークショップは基本的に
2週目の火曜日と、3週目の金曜日に開催しております。
ご予定組む目安にして頂けたらと思います。

先月お試ししましたこちら↓
「平日だと行けなくてという今回ご要望がありましたので、土曜日を一回入れてみました。」
ですが、今月は金崎の客演公演の稽古が入っている為、ありません。
また来月より入れてみます!


身体を骨の構造に基づいて整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
7月12日(火)18:30-21:30
7月22日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております。
Next  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11