金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

07.04.2014

『 す き と お り 』役者紹介1(与古田千晃)

7月に入り、陽射しが夏になってきましたね。

miel #003『 す き  と お り 』の稽古、順調に進行しております。
さて、俳優の紹介を致します。

トップバッターは
与古田千晃(よこたちあき)ちゃん。
女優陣の中では、一番の若手です。T1projectに所属しております。

chiaki by sano1.jpg








千晃ちゃんとの出会いは、二年前のmiel #002『 ま ○ る 』の千秋楽。
彼女がその公演を、人からの紹介で観に来ておりました。

公演終了後、お客様にご挨拶する為に客席におりましたところ
てこてこと近づいてきまして
主宰の方ですか、と話しかけてくれました。
すっごく面白かったです、ところでワークショップなどは開催していないのですか
と。
そんな内容でした。
私は、特にやっていないのですが、そういう風に言ってくださるなら
考えてみますね、と答えたはずです。



shiaki bay sano2.jpg


そして、『 ま ○ る 』が終わってから
ちゃんと考えてみました。
それまでは、劇団での稽古
他の現場での振付の際、ENBUでの授業の中で
というワークショップの時間はありましたが
私の主催で行ったことはなかったのです。
他の現場で振付を経験してくれた俳優からも
そんなリクエストもらったこともあったわ、というのも思い出し
やってみてもいいのではないか
となりました。

そして始まったのが、miel主催の身体ワークショップです。
『 ま ○ る 』の後から二年、月に二回開催しているあれです。
千晃ちゃんは、時間のある時には必ず参加してくれております。

そうです、身体ワークショップは千晃ちゃんのおかげで
始まり、続いているのです。

千晃ちゃんの、好きな物へ対する
そこに近づきたいとか、やってみたいとか
そういう真っすぐで強い気持ちは、人を動かすのだな
と思います。
素直なのです。

千晃ちゃんは、音楽の専門学校に行っていたことがあり
バンドでボーカルだったそうです。
きっと、その歌も真っすぐ人に届いたのではないだろうか、と想像します。

稽古場でも物怖じせずに、感じたこと、疑問に思ったこと
面白いと思ったことを伝えてくれるので、次の一歩が早く出ます。
今後様々なことに揉まれても、芯はそのままでいてほしいわ。

chiaki bay sano3.jpg
















そうそ、実は大相撲が大好きなのです。
お着物召して場所を観に行ったり
イベントで、力士と写真撮ったり
かなりの入れ込みようなのです。

だってね、blogのタイトルが


この満面の笑み。

写真撮影は、佐野功くん。後ろにかかってるシャツの主です。


06.09.2014

ワークショップのお知らせ(6月)

梅雨入りしましたね。
ちょっと身体が重く感じる季節です。
そんな中でも、気持ちは軽く持って過ごしたいものですね。

さて、今月も二回身体ワークショップを開催致します。

身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
6月11日(水)18:30-21:30
6月19日(木)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!


06.03.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その19

ma_ru mamoru12.jpg



























ma_ru mamoru13.jpg
そして、携帯で誰かにかける木村。



















その相手と思われる男(北村圭吾)が登場。

ma_ru mamoru14.jpg



















そして、新たな男に煽られて
ベッドに飛び乗る小林女史と木村。
佐野くんのジャンプ、高くて素敵ですね(笑)
ma_ru mamoru15.jpg



















小林「信じらんない。なんで高橋くん呼ぶかな。」
高橋「すいません小林さん。僕も別に来たかった訳ではないというか、こんな事になってると思ってなかったというか。」
小林「高橋君は別に謝らなくていいよ。木村君に言ってんだから。」
木村「すいません。自分の中で最近は『何かあったらまず高橋さん!』みたくなってて。」
小林「仕事で困ったらでしょ。仕事関係ないじゃない。」
木村「いや、でもオフィシャルなトラブルというか...」
小林「(イラっとして)トラブル?」
ma_ru mamoru16.jpg



















木村「いやトラブルではないですけど!オフィシャルでもないですけど!2人じゃもう無理だと思ったんで。」
小林「2人で収めておく話でしょうが!何で私のセクハラみたくなってんの!ねえ。」
木村「あれ、なんででしょうね。」
小林「...木村君さ私怒ってるのわかるかな?」
ma_ru mamoru17.jpg













高橋「んん〜とごめんなさい。一旦話を整理していいですか?ここに入って来たのは二人の同意って事でいいんですよね?」
小林「そうね。でしょ。」
木村「はい。」
高橋「まあ今が会社の就業時間中ってのは置いておいて、僕営業で外回りしてたとかも置いておいて。」
木村「すいません。」

ma_ru mamoru18.jpg
























高橋「木村が出会い系サイトにアクセスして、で、そしたら待ち合わせ場所に来たのが小林さんだったと。」
小林「...。」
木村「はい。」
高橋「たまたま出会い系サイトで今からセックス出来る人を匿名でお互いに探してたらたまたま同じ会社の同じ部署の上司と部下だったと。」
小林「...。」
高橋「小林さんもそう言う事でいいですか?」
小林「そうだから。改めて確認しなくてもいいから。」
そして、揉める木村と小林。
まさか相手がそうだとは知らなかったから、秘密を守るって言っておいて、高橋君呼ぶなんて、童貞って嘘でしょ云々。
ma_ru mamoru19.jpg



















高橋「うるさいよ!!!うるさいですよ!!!何やってんすか!!!小林さんも!!!悲しいですよ。小林さん、木村はもちろん馬鹿だけど、仕事だけはブレずにカッコ良くこなしてた小林さんが昼間っから、何やってんすか!!...何やってんすか!!!
ma_ru mamoru21.jpg



















小林「そういうのやめてくれる?仕事だけはブレずにとか、プライベート充実してないって事でしょ。」
高橋「そんな事言ってないじゃないですか!。」
小林「いい。分かってる。実際そうだし。仕事が出来ようが、部下に好意的に見られてるとも思ってないし。」
高橋「小林さん。」
小林「木村君もそうでしょ。私と関係を持たなかったのって私だからでしょ。」
木村「...。」
小林「はっきり言ってくれていいよ。」
木村「そうです。小林さんのプレッシャーきつくてそのストレスもあって出会い系サイトで遊んでんのに、そこで小林さんに会うなんて正直きついです。」
小林「言えって言ったらホントにはっきり言う世代なのね。」
高橋「木村!!...すいません。よく言っておくんで。」
ma_ru mamoru22.jpg



















小林「(息を吐き)もういい。帰っていいよ。高橋君もありがとう。って言うかゴメンね。」
高橋「小林さん。」
小林「明日からも仕事よろしく。木村君も。」
木村「はい。あの。」
小林「ちょっと休憩したら仕事戻るから。じゃね。」
ma_ru mamoru23.jpg



















木村「お先に失礼します。」
今のは失礼だぞ、と高橋が木村を男2人去って行った。

小林女史大きく息を吐く。
カラオケの番号を入力する。

ナレーションの男が言う。
「聴いてください、渡辺美里でマイレボリューション。」
イントロが流れ、
ma_ru mamoru24.jpg



















やけくそに、振り絞るようにがなり歌う小林。
ma_ru mamoru25.jpg






















Bメロで立ち始め、盛り上がり
まさに熱唱。
そして、サビに、と息を吸ったところで暗転。



テキスト:「まもる」 登米裕一(キリンバズウカ)

05.27.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その18


ma_ru mamoru1.jpg

次のシーン、舞台上には男女が出てきて
台の上に腰掛ける。
舞台下手には、ナレーション(ト書き)を話す男(末原拓馬)。

ホテルの一室。スーツ姿の男女。

と、始まる。






















ma_ru mamoru2.jpg

おもむろに女(金崎敬江)が、男(佐野功)を押し倒す。
どうやら、この台はホテルのベッドのようだ。

















ma_ru mamoru3.jpg

























格闘する二人、女は男のズボンを脱がせようと必死である。

ma_ru mamoru4.jpg



















一度諦めたのか、女が手を離し
「なんでだろう。なんでかな?」
「(息を切らし)......。」
「どうして私が無理矢理襲ってるみたくなってるのかな?」
「...どうしてでしょう。」
「いつも言ってると思うけど質問に質問で返すのやめてくれる?」
ma_ru mamoru5.jpg



















「うん。まあいいんだけどね。会社じゃないし。仕事じゃないし。ホテルな訳だしね。」


そして、また迫る女。
警戒する男。苛つく女。

「いや、違うんです。」
「何が?」
「小林さんに魅力がないとかじゃないんです。ただ、僕の中で守っているというか...そうなんです守ってるものがあるんですね。はい。」
「何を?
「ほらよく結婚するまでは処女を守るみたいな事を言う女性がいるじゃないですか。僕、ああいうのいいなって思って。結婚するまでしない!みたいな男が居てもいいじゃないですか。そういうのをきちんと『守る男』って逆に良くないですか?そういうの今時珍しくないですか?」
「どっちが?童貞が?それとも童貞を守っていることが?」
「どっちもです。」
「...木村君、童貞なの?」
「...違います。」
ma_ru mamoru7.jpg



















「...じゃあ、今の話は何?」
「違うんです!だから小林さんは大切な人ですから。大切な人って言うか、上司と部下の関係がまずありきですから!そこはやっぱりありますから!」
「別に結婚してほしいとかは思ってないんだけど。」
ma_ru mamoru8.jpg



















「分かってます!!分かってますよ!!違うんですよ!!いきなりだったから!!いきなり!!まさか小林さんが来るとは思わないじゃないですか!!!...(少し落ち着いて)いや違います。僕も悪いんですけど。僕が悪いんです。すいません。とりあえず一旦出ましょ。誰にも言わないんで。小林さんもお願いしますね。
「...」

出て行こうとする木村。
小林女史、黙って見過ごすのかと思ったが木村の手を掴んでいた。
「小林さん?」
「やっぱ私の方がリスクでかいと思うの。あることない事言われた時に失うものは私の方が大きい...それは嫌...それは避けたい。」
「言いませんって。」
「もっと強固な関係でない限り確約が持てないじゃない。」
「どういうことですか?」
「関係を持っておきましょう。」

距離を取る木村。
ma_ru mamoru9.jpg



















「やめてください。」
「そんなに嫌?」
「嫌じゃないです!」
「私も木村君そんなに嫌じゃないから。」
「違うんです!僕童貞ですから!やっぱり童貞ですから!下手ですから!」
「下手とか気にしないから。」
「人呼びますよ!」
「何でよ。呼んでどうすんのよ?困るでしょ!私もあなたも。」
「だったら帰りましょ。」
ベッドを中心にぐるぐる回る。
「逃げないでよ。」
「逃げてないです!」
ma_ru mamoru10.jpg



















木村は携帯電話を持ちながら、小林女史は木村のベルトを掴んだりしながら。
いつしかそれはコンテンポラリーダンスのような。
ma_ru mamoru11.jpg



























05.07.2014

ワークショップのお知らせ(5月)

ゴールデンウィークも終わり、新緑の季節。
気持ちのよい青空を見上げていると、元気になりますね。

さて、今月も2回身体ワークショップ開催します。
私が客演中なので、その公演が終わってからの後半に二回です。

身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
5月22日(木)18:30-21:30
5月30日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております!




04.18.2014

客演のお知らせ(ふりむかないで)

桜も散り、新緑の季節がやってきますね。
誕生日月が待っているからか私はこの季節が好きです。
さて、ゴールデンウィークに公演があります。
一昨年は『葬式クラス』、昨年は『 [A.] 』でお世話になりました
エビス駅前バープロデュース公演に、またお声かけして頂きました。
3度目のエビスも、チャレンジする公演です。
そして3度目にして、初めて色恋沙汰に巻き込まれます。
ぜひ、ご来場ください。

---
エビス駅前バープロデュース『ふりむかないで』
脚本:米内山陽子(トリコ劇場/チタキヨ)
演出:広瀬格(smokers/DART'S)

出演:岸本卓也/酒井香奈子 
金崎敬江(miel)/田中千佳子(チタキヨ)/菊池美里/斉藤麻衣子/根本沙織/内野真理(劇団イノコリ) 

料金:¥3,600+ドリンク 
割引:夫婦割...男女二名様以上の予約でお一人様につき400円引き 
ふりむかない割...受付にて「前向きです」と言うだけでどなたでも400円引き 

上演時間65分(予定)/開場は開演の30分前 

【タイムテーブル】 
5月1日(木)21:00 
5月2日(金)18:00/21:00 
5月3日(土)12:00/15:30/18:00 
5月4日(日)12:00/15:30/18:00 
5月5日(月)休演日 
5月6日(火・祝)12:00/15:30/18:00 
5月7日(水)18:00/21:00 5月8日(木)19:00/21:00
5月9日(金)18:00/21:00 
5月10日(土)12:00/15:30/18:00 ※18:00の回は手話通訳回 
5月11日(日)12:00/15:30/18:00 
5月12日(月)19:00/21:00 
5月13日(火)19:00/21:00 
5月14日(水)18:00/21:00 

【チケット予約(金崎扱い)】
---

お席数が限られますので、早めのご予約をお願い致します。
皆さまのご来場、お待ちしております!


04.04.2014

ワークショップのお知らせ(4月)

4月になり桜が咲き、散り始めていますね。

新年度、新学期が始まり
緊張している方もいらっしゃるでしょうか。
mielも夏に向けて徐々に動いております。
詳細の発表をお楽しみに。

さて、今月も二回身体ワークショップ開催します。
このワークショップでは
身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
4月10日(木)18:30-21:30
4月24日(木)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にお送りください。

ご参加お待ちしております!

02.28.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その17

ma_ru maseru11.jpg

























家では、お母さん(石井舞)が一人。




ma_ru maseru12.jpg




















翌朝。
「ただいま」「お帰り。あら、一人」
「そうだよ」「送って貰ったんじゃないの?」
「違うよ」「......何か言ってた?」
「何かって?」「......ううん。朝ご飯は?」
「いらない」「そう」

少女は、別の台の上に移動する。
お母さんと叔父さんの電話。
ma_ru maseru13.jpg



















「もしもし」「さっき帰って来た」
「そうか」「......ありがとうね」
「別に」「あの子、何か言ってた?」
「何かって?」「......ううん」
「......姉さん」





少女「お母さん」

ma_ru maseru14.jpg



















「何?」「俺さ、もういいかな」
「え?」「もう、姉さんから離れても、いいかな」

少女「お母さん」

「......離れてどうするの?」
ma_ru maseru16.jpg



















少女「私は、この人の娘」

これで、このシーンは終わり。

ma_ru maseru15.jpg



















ちなみに、移動する台は佐野くんが滑らかに押したり引いたりして動かしていました。
最後の位置に少女が行く時の絵。
台の移動で、人の移動や気持ちの動きも表せたらというシーンでした。

そうそう、上野くんのテキストには
少女は耳が聴こえないとか、音楽を聴いているとか、そういう設定はありません。
この三人の関係、少女の気持ちを強く出したくて
私がそういう演出を入れたのです。
彩の国さいたま芸術劇場でやった『R&J』の際に、手話という言葉の面白さを知り
そこで出会った米内山陽子さんの協力なくしては立ち上がらなかったシーンです。


テキスト:「ませる」 上野友之(劇団競泳水着/TOKYO PLAYERS COLLECTION)




『 ま ○ る 』舞台写真 その16

ma_ru maseru1.jpg



















ダンスシーンで一人残った女の子。
夕暮れ時。
少女(阿久澤菜々)はiPodをポケットから出し、イヤホンをする。
曲が漏れ聞こえている。
ここから、上野友之くんの書いてくれた「ませる」のシーン。

ma_ru maseru2.jpg









どこかで誰かを待っているのだろうか。


後ろに立つ女(杉亜由子)が言う。
「私はあの人の娘」
少女は手話で。















ma_ru maseru3.jpg



















と、そこに来た男(末原拓馬)。
「ねぇ君」
「.....」
「ねぇ、君、いくつなの」
「.....」
「君みたいな子が、こんな時間に...」
 少女、黙って男の目を見る。
「こんな時間に...送って行こうか。」
「結構です。」
この少女の言葉も、音として聞こえるのは、後ろにいる女が発しているもので
少女は手話だ。
耳が聴こえないのか、はたまた音楽を聴いていたいだけなのか。
ma_ru maseru4.jpg



















「おい、こんな所にいたのか。母さん心配してるぞ。」
と現れた叔父(北村圭吾)
叔父は手話をしつつ、声を出す。
「知らない」 この肩を手で払っているのが、その手話。
「いいから帰ろう」「お腹空いた」
「じゃあどっか寄ってくか」「うん、あそこ(ホテル)」
ma_ru maseru5.jpg



















「おいおい、ああいう場所はな、もっと大人になってから行きなさい、ちゃんとした相手とな」「叔父さんはちゃんとしてないの」
「そうじゃなくて、叔父さんは、叔父さんだぞ?」「わかんない」

「俺は、お前のオムツを代えてやった男だぞ?」「ずるい」
「は?」「私が知らない時間の話をするのは、ずるい」

そして、おんぶされ歩きながら、叔父の家に行くことになる。
「もう少し、母さんの話も聞いてやれよ」「なんで?」
「母さんもな、お前に愛情があるからこそ」「なんで叔父さんが私にそんなこと言うの?頼まれたの?」
「違うよ、そうじゃなくて」「じゃあ、お母さんのことが好きだから?」
「...違うよ」「嘘」

ma_ru maseru6.jpg
これが、叔父さんの家に移動中。
おんぶされている間、この台が移動する。

「俺とお前の母さんはな姉弟だぞ?」「でも、血は繋がってない」
「......だからなんだよ、漫画の読みすぎだよ」
「じゃあ、叔父さんが私の言うこと聴いてくれたら、お母さんの話も聴く」
「なんだよ」「今日、叔父さんの家に泊めて?」
「......駄目だよ」「どうして?何もしないよ?」
「それは男の台詞」「叔父さん、何かするの?」
「しないよ」「じゃあ、いいでしょ?」
「心配するだろ」
「なんで、しないよ。ちゃんと叔父さんの家に泊まるって言う」




ma_ru maeru7.jpg

























そして、叔父さんの家。
違う台の上に移動した二人。
「叔父さん、今いくつ?」「もうすぐ四十」
「でしょ?」「何が、でしょ、だよ」
「叔父さんが現役なの、せいぜいあと五年だよ?」
「おいおい、怒られるぞ、五十でもかっこいいおっさんはたくさんいるよ」
ma_ru maseru8.jpg



















「五年後は十九」「そうだな」
「だから十九までは、待つよ」
「......無理だよ」
「は?」
「お前がどう思っても、周りの男がほおっておかない」「......妬いてるの?」
「......」「大丈夫、叔父さんがかっこいい間は。でも、その後は、知らない。ずっと一人でいる気?」
「一人じゃない」「お母さんは......もうすぐ綺麗じゃなくなるよ?」
「でも俺は母さんの、昔を知ってる」「え?」
「誰よりも可愛かった。今のお前みたいにな」「......」
ma_ru maseru9.jpg



















「俺は、お前の知らない時間をたくさん知ってるんだよ」
「......」
「......私はお母さんの代わりにはなれないの?」
「......もう寝よう。おやすみ」「......」
ma_ru maseru10.jpg




















そして、夜は更け
朝がやってくる。






Next  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12