« ワークショップのお知らせ(1月、2月) | HOME | ワークショップのお知らせ(3月) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

02.12.2017

『 み ち 』舞台写真 その7

暗転した中に、プロジェクターの明かりが入る。
次に続くのは、女子二人のシーン。
「Tate」のシーンの男子二人のように、斜めにできた道の端と端に立つ。
それぞれ、違う線の上で。
向き合えているようで、正面を向くと、相手とはズレている位置。

おそらく母と娘と思われるふたりの会話のような詩のような。

michi maneru1.jpg



















A.おかえり
B.・・おかえり
A.待ってた
B.待ってた!
A.私も。
B.私も。
A.信じてた、また、会えるのを。
B.信じてた、
A.春になれば、この梅の木に白い花が咲いて。
B.咲いて、
A.紅い花が咲いて。

一歩、線を進む。
michi maneru2.jpg



















A.さぁ、あるいてごらん。
B.さぁ、あるいてごらん。
A.立つの。
B.立つの。
A.立つのよ、自分の足で。
B.立つの?
A.立つの。
B.・・・。
A.歩いてごらん。ほら、こんな風に。
B.歩いてごらん!ほら、こんな風に!

A.踊ってごらん、風の中で。
B.踊ってごらん?お空のように?
A.踊ってごらん、お空と土の間で。大地の上で。
B.大地の上で!
 舞うふたり。やがて、息が切れて、ふたりで、土の上に体をなげだす。
michi maneru3.jpg



















A.・・・覚えていてくれるかしら。
B.覚えていてくれるかしら。
A.覚えていてね、この日のことを。
B.覚えていてね、この日が、いつか、あの日と呼ばれても。
A.あなたが大地の上に立った日。
B.自分の足で。

さらに近づく。
michi maneru6.jpg



















A.・・お空をご覧。
B.お空をご覧。
A.クリーム色のお月様。
B.お空を、ご覧?クリーム色の、お月様!
A.満点の星。
michi maneru7.jpg



















影と光。
母親と娘。
太陽と月とお星さま。

A.・・覚えていてね、はじめて、あなたが、大地の上に立った日のことを。
B.大地の上?
A.覚えて無いの?
B.覚えて無い。

そして、進行方向にさらに進むそれぞれ。
もう、前を向いても相手の顔は見えない。
michi maneru8.jpg



















A.おはよう。
B.・・。
A.お空をご覧。
B.・・。

A.あるいてごらん。
B.・・。
A.あるいてごらん、ほら、こんな風に。
B.・・あるかない。
A.・・。
B.もう、まねるのは、嫌。
A.・・。
B.わたしはわたし。

そして、もう一歩進み、最初にふたりが立っていた距離に。背中を向けて立ち。

A.日が昇り、
B.日が沈み、
A.ほら、もう、満天の星。
B.さようなら。
(中略)
A.覚えている?この場所のことを。
B.・・私はたったひとりで、
A.いってらっしゃい。

B.が線を外れ、部屋から居なくなる。
取り残された母であろうAが、ひとり今までにやっていた動きをし
そこから舞う。

michi maneru9.jpg



















旅立ちを喜びつつ
寂しさを抱えつつ

michi maneru10.jpg



















ここに残されたこと
また戻ってくるだろうこと
たくさんの想いをのせて

踊りをやめて真ん中に立つ
ふたりが重なって立っていた時の位置に
michi maneru13.jpg



















A.おかえり
部屋の外、遠くの方から
Bの声が聴こえる。


こんな景色を思い出しているのだろうな
michi maneru12.jpg



















Aを照らしているプロジェクターの明かりが
だんだんと擦れていき
暗くなる。


このテキスト、2012年に『ま ○ る』の上演の際には
三人の女の子がA.とB.を順に入れ替わりつつ日常の動きをしながらシーンを展開させていった演出でした。

今回は、ふたりで「道」を生かし、近くではあっても同じではない
すれ違ってしまうそれぞれの道を
歩むことと手話を元にした動きでやりとりする演出にしました。
プロジェクターの明かりのみ、鏡によって、影を楽しむシーンにもなりました。


テキスト:「まねる」吉田小夏(青☆組) 『ま ○ る』提供テキスト
m:「想い出の散歩道」矢野顕子

撮影:三浦麻旅子



TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/280

COMMENTS