« 『 や み つ き 』役者紹介 その5(与古田千晃) | HOME | 『 や み つ き 』役者紹介 その7(大内慶子) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

11.01.2016

『 や み つ き 』役者紹介 その6(谷畑聡)

いよいよ明日は小屋入りです。
6人目は、劇団AUN所属 谷畑聡(たにはたさとし)さん。
さとぴん、と呼ばれています。

satopin by chiaki.jpg

























さとぴんも初めまして。
私と同世代の男優さんがどうしても必要で、探していたら
紹介されました。
アマヤドリ『月の剥がれる』に出演なさっていたので、出演を承諾して頂いてから拝見しに行きました。
すごい濃い方でした(笑)
ここ最近のさとぴんの出演作では、持つ頻度の高いという小道具、セカンドバッグも似合っておりました。
そういう(いかつい)キャラクターなのです。
いやぁ、いい人を教えて頂いたなぁと。

稽古場へ来た初日から、出していこうという意識が強く、出し切ってからどうするかだと
常に自分の限界を広げていこうとしているのを感じます。
経験値から、掘り起こされる様々なおもしろ要素も、隙間を縫って提出してくれて
場のエネルギーを、常に満たそうとします。

テキストやシーンにおいての、自分の解釈、プランニングを持って欠かさないのはもちろん
強さを持っているので、頑固かと思いきやすんなりと新しいものに乗っかることができる。
急に何か振っても、まずはやってみて、ダメなら中途半端に諦めるのではなく思いっきり失敗してみせる。
だから、次の手を考えられる。

戦って来た人だな、と感じています。
ここまでやれる、でもまだまだこんなもんじゃない、そんな気迫を受け取っています。
なので、色々渡しちゃうんですよね、お願いしちゃうんですよね。
次は何をやってくれるんだろうと。たぶん身体はキツイと思うんです。

出演依頼した際に、動けないですけど大丈夫ですかと質問がありました。
自分の身体がわかっていれば、そして谷畑さんはわかっていると思うので問題ありません、と返事しました。
問題はないんです、ただ、じゃあもっとやってもらっちゃおう、新しい身体みつけてもらおう
ってなるだけなので(笑 
だし、予想通り動けない訳ではありませんでした、やはり。
今回、俳優たちはほぼ出ずっぱりですが、さとぴんの出ずっぱり具合はなかなかのものです。
汗を更なるエネルギーに変えてく姿に、きっとわくわくして貰えると思うのです。

写真は、千晃ちゃんが撮りました。
一人こつこつ練習するさとぴんの隠し撮り。下を向いてるので、これだとわかりませんが
眼力すごいんですよ、さとぴん。
そんな眼力を間近に見られる私のシーンがあるんです。あぁ、この人の前では嘘つけないな、ってね。


谷畑聡専用チケット予約フォーム

Twitter 谷畑聡


TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/273

COMMENTS