« 『 や み つ き 』役者紹介 その2(岡野一平) | HOME | 『 や み つ き 』役者紹介 その4(沼田星麻) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

10.28.2016

『 や み つ き 』役者紹介 その3(むらさきしゅう)

『 や み  つ き 』の俳優紹介、3人目はプリッシマ所属の
むらさきしゅうくん。

syu by ippei2.jpg

































しゅうくんも、初めましての俳優さんです。
演出助手、鐵くんからの推薦で参加して頂くことになりました。

身体が使えること、集団創作へのアイデア出しなどに積極的に関われること
また何よりも「mielに合ってます」という力強い推薦の言葉により
勇気を出して事務所へご連絡させて頂きました。

10月の始めはlibidoさんの「署名人」の公演中だった為、遅れての稽古参加合流でしたが
参加二日目にして、とあるシーンのリーダーシップを取っているという!
これか、お薦めの理由は!
他のメンバーも、刺激された時間でした。

今回のメンバーの中で、一番の若手なのですが遠慮せず、臆せずアイデアを出し、批評ではなく意見し、かつフォローする。
作品全体、シーンにおけるテーマを、とても敏感に感じてくれている俳優だなと感じます。
また、必ずいくつかのプランを持ち込み、稽古ごとにしっかり試す。
今はこれをやろうと思った、出来た出来ない、途中で変えてみた、どうだったか、じゃああっちはどうか。
そのやりとりを、演出、そして共演者と出来ること、これは俳優の大事な要素ですからね。

振付を渡した時のポイントを確実に覚えているのも素晴らしい。
真似るだけでなく身体をどう使えばそれになるのか、客観的な視点を持って取り組む姿。
俳優偏差値、演劇偏差値、高そうですよ、しゅうくんは。

今回ほぼ丸々お任せしているシーンがあります。
他のメンバーで様々な実験を経て、プランを決め、しゅうくんの参加初日に試してみた時にばっちりハマりました。
稽古してくうちに、感情が高ぶって言葉が飛ぶという経験を初めてしたそうです。
制御不可の域にいけることを経験すると、現在の限界を知れます。
それをどうコントロールするか。限界を広げていくのか。

そうそう今回、初めて舞台上にて踊るそうです。
しゅうくんの身体が、どんなエネルギーを繋いでいくのか楽しみです。
新しいむらさきしゅうをお楽しみに。

syu be ippei1.jpg


































写真はどちらも一平くんが撮りました。
飛ぶのか、何かを待っているのか。
と見ていたら、時計をヘディングしているようにも見える写真。
そして稽古場の皆の荷物が乱雑だ(苦笑)


むらさきしゅう専用チケット予約フォーム


所属事務所 プリッシマ





TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/270

COMMENTS