金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

09.14.2016

miel #004『 や み つ き 』のお知らせ

miel04_omote.jpg




























お待たせ致しました!!
ようやくのお知らせです。

miel、二年ぶりの本公演は『 や み  つ き 』というタイトルです。
(「み」と「つ」は全角スペース、それ以外は半角スペース。)

「闇」と「月」
闇には隠された色々なものが在る。
闇に浮かぶ月の光。月の大きさが変われば、光も変化する。見えてくるものも変わる。

「病みつき」
夢中になったり、取り憑かれていて、逃れられないこと。
どうしても手放せないもの。

そんなことが、ぎゅっと詰まった作品です。
4月の企画公演 -La petite boîte 1-『 み  ち 』からの流れもあり
未知から道ができた、その先に見えてきたものたち。
是非、体感しにいらしてください。

また、4月公演『 み  ち 』にご来場のチケットをお持ちのお客さまへの特典は
追ってお知らせ致します。

---
miel #004『 や み  つ き 』
2016年11月3日(木)-11月8日(火)
スタジオ空洞(池袋)

<構成・振付・演出> 
金崎敬江

<出演>
岡野一平
杉森裕樹
谷畑聡(劇団AUN)
沼田星麻(アマヤドリ)
むらさきしゅう
江間直子(無名塾)
大内慶子
与古田千晃(T1project)
金崎敬江(miel)


<テキスト提供>
末原拓馬(おぼんろ)
登米裕一(キリンバズウカ)
羊屋白玉(指輪ホテル)
松澤くれは(火遊び)
柳井祥緒(十七戦地)
米内山陽子(チタキヨ)

<スタッフ>
照明   加島茜
音響   江村桂吾 古川直幸
美術   袴田長武(ハカマ団)
衣装   川口知美(COSTUME80+)
舞台監督 西廣奏
演出助手 鐵祐貴(東京ジャンクZ)
制作   横内里穂
制作補助 紫藤祐弥
フライヤーデザイン nahooo
スチール撮影 三浦麻旅子
映像撮影 藤波大地(WHITEHOLE株式会社)


<タイムテーブル>
11月3日(木)19:30
11月4日(金)15:00/19:30
11月5日(土)15:00/19:00
11月6日(日)14:00/18:00
11月7日(月)15:00/19:30
11月8日(火)14:00/18:00

※受付開始 開演の40分前   開場 開演の20分前


<チケット>
前売 3,500円
当日 3,800円
チケット発売 2016年9月15日 10:00
ご予約は
カルテットオンライン https://www.quartet-online.net/ticket/miel_ymtk
メール miel.miel.2010☆gmail.com (☆を@に換えて)


<協力>
東宝芸能、劇団AUN、株式会社ジェイ・クリップ/リベルタ、アマヤドリ、プリッシマ、無名塾、オフィス・エイツー、T1project、
おぼんろ、キリンバズウカ、指輪ホテル、<火遊び>、十七戦地、チタキヨ
Briques et Mortiers,134 LLC、ハカマ団、東京ジャンクZ、TRASH MASTERS、WHITEHOLE株式会社
中島透(LUG HUB)、秋山孝二(北海道演劇財団)
---
miel04_ura.jpg


























『 み ち 』舞台写真 その4

他の二人がやってきて、場が明るくなる。
と、新たに線が引かれる。
michi FS1.jpg




















今までの線に対して垂直に三本足されて
枠ができて9個の正方形が床に。

michi FS2.jpg




















引かれた線の端に立つ。
汗だくの一平くん。
佐野くんのテープの貼り方は、いつも職人のようだった。

michi FS3.jpg



















線に沿って歩き出す。波のような動き。
立ち止まり話し始める千晃ちゃん。
他の人はルールに沿って歩き続けます。
糸井幸之介くんの「Favorite Street」
二年前の『 す き  と お り 』に提供してくださった、モノローグのテキストです。
「この通りは、あたしの好きな通りです。ここに生まれてから5歳までを過ごした家がありました。」
元々は漁師の家だった、その家の窓から見える海。砂をお父さんに洗い流してもらったこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」

michi FS4.jpg



















歩きのルートが変わり、次は一平くん。
「この通りは、僕の好きな通りです。小学校の6年間、毎日歩いた通りです。」
ジャンケンをして、負けたらランドセル持ちをしたこと。ツツジの蜜を隣のクラスの女の子と吸ったこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS5.jpg



















また歩くルートが変わります。
常に線の上を歩くこと、そのシーンごとの幾何学的ルートに基づいて、話す人以外は規則正しく歩き続けること、がこのシーンのルールです。
規則正しくの為に、メトロノームの音が鳴り続けています。
次は佐野くん。
「この通りは、俺の好きな通りです。部活の帰りよく買い食いした駄菓子屋がありました。」
バスケ部で、夏は暑くてペヤングを食べたこと。郵便ポストの横でマネージャーに告白したけど、フラれたこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS6.jpg




















次は私、敬江。
他の人は長方形のルートを歩いています。
「この通りは、あたしの好きな通りです。大学時代やってたバイト先がすぐそこなんです。キャバクラなんですけどね。」
緊張しちゃうから、いつもドトールでカフェラテ飲んでから出勤したこと。隣の店のお兄さんの元気な挨拶。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS7.jpg



















ぐるりと大きな外枠を並んで歩き
とあるポジションから、少し複雑な歩きに。
でも、同じルート通っていたのです。
始まる場所が違うので、そう見えるだけで。
michi FS8.jpg



















そして佐野くんが中央で話し始める。
「この通りは、僕の好きな通りです。公園通りです。」
自分の住んでたアパートに彼女が住むようになって、よく公演の遊歩道を散歩したこと。笑顔の素敵な彼女が、雨上がりに遊歩道に打ち上げられたいた魚をじっと見つめていたこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS9.jpg



















話している人がiPhoneに向かっているのは
その場で話していることを録音し
話し終わると、録音された音声を流しながら歩いています。
なので、二人目以降の人がiPhoneに録る音は、前の人が録音した音とそこの後ろにかかっていたメトロノームの音も一緒
ということです。
それが繰り返されているので、この千晃ちゃんが話す頃には
この場にはかなり多くの音が溢れています。
「この通りは、私の好きな通りです。赤ちゃんができて通った産婦人科がこの坂の上にあります。」
夫がたまにお姫様抱っこしてくれたこと。夏に自動販売機で当りが出て、サイダーがもう1本当たったこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS10.jpg



















一つの角ごとに曲がり、ジグザグに歩きます。
話し出したのは一平くん。
「この通りは、私の好きな通りです。右に行くと仕事帰りによく立ち寄った焼鳥屋があって、左に行くと左に行くと仕事帰りによく立ち寄ったピンサロがあります。」
妻子持ちでお小遣い制だったので、どちらかしか行けない中、ある日ピンサロ行ってから焼鳥屋に行っちゃったら
ピンサロで付いてくれた女の子が、一人で飲みに来て、お互い気づかぬふりで飲んだのでした。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
michi FS11.jpg



















一平くんも歩きに加わり、録音された音がわんわんと鳴る中
全員大きな正方形の角に。
michi FS12.jpg



















立ち止まると鳴らしていた音を止め
予め録られていた同じ言葉を鳴らします。
「この通りは、好きな通りです。今はもう、なんにもなくなってしまいました。」

このテキストがすごく好きなことは、前回公演でも2シーンで使ったことでおわかりかと思います。
それに『 み  ち 』のタイトルにふさわしい、道の話でしたので。
前回の『 す き  と お り 』では、それぞれの通りを歩いているのが重なっているシーンと
それぞれの物語を、全員の身体で体現するシーンとして演出しました。
この『 み  ち 』では、街を規則的に歩く様子、様々な雑踏、無機質に歩いている人にも想い出、感情があること
なんかが見えるといいな、と思って演出しました。

続いて、俳優のよい顔(笑)
与古田千晃
michi FS chiaki.jpg



















岡野一平
michi FS ippei.jpg



















佐野功
michi FS sano.jpg



















金崎敬江
michi FS hiroe.jpg
























テキスト:「Favorite Street」糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣) 『 す き  と お り 』提供テキスト
撮影:三浦麻旅子





09.06.2016

ワークショップのお知らせ(9月)

暑さが残るものの、空は秋の様子。
この時期になると、実は夏バテが顔を出します。
これから涼しく過ごしやすくなる時に、元気な身体でいる為に
是非、自分の身体の今を確認しにいらしてください。

今月のmielのワークショップのお知らせです。
この身体(からだ)ワークショップは基本的に
2週目の火曜日と、3週目の金曜日に開催しております。
ご予定組む目安にして頂けたらと思います。


身体を骨の構造に基づいて整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
9月13日(火)18:30-21:30
7月23日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 2000円 ※8月より変更しました

<申し込み方法>
・お名前
・ご連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にメールをお送りください。

ご参加お待ちしております。