« 『 み ち 』役者紹介2 佐野功 | HOME | ワークショップのお知らせ(5月) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

04.25.2016

『 み ち 』役者紹介3 岡野一平

公演が終わって一週間ですが、やりますよ、役者紹介。
次は岡野一平(おかの いっぺい)くん。
今回の役者の中では、一番若い。

ippei4 by sano.jpg




























昨年12月に演出補として参加した、東京イボンヌ『モーツァルトとマリー・アントワネット』で知り合いました。
私(金崎)は、美術プラン、衣装プラン、ムーヴメント振付、アンサンブル演出を任されており
アンサンブルの一人が一平くんでした。
キレる身体と高めのきれいな声で、目立ちました。
フランス革命時の貧しい民衆を演ずるにあたり、声を低めとか、もっと重い身体でとか
たくさんのリクエストを渡しましたが、どれもすっとやってくれました。

公演前に一度mielの身体(からだ)ワークショップにいらしてくれて
稽古だけでは見えなかった、動くことを楽しむ回路をたくさん持っていることがわかり
それ以降はアンサンブルの副リーダーとして、様々ご協力頂きました。ありがとう。

ippei1 by sano.jpg


























(稽古場移動中の図)


佐野くんと組ませてみたいと思って、お声かけをしたところ
ちょうど空いておりました!
この二年間一平くんは「しまじろうコンサート」のお兄さんとして全国を飛び回っていたのです。
それがこの春、卒業ということで。
お兄さん、似合う!
甥っ子と戯れている様子がたまにアップされていますが、子供が好きなんだなぁと。
子供に愛され、スタッフに愛される一平くんが
mielのお客さんに愛されないわけがない(笑)

稽古の最初の頃は、創り方と共に私のキャラが12月の時とあまりに違うことに戸惑っていたようですが(苦笑)
何か掴んで解き放たれた瞬間からは、めきめきと自由になっていきました。
「紫の滲む夜に」では様々な動物の変化をするりとやり、千晃ちゃんとの相性もよく
Tateでは、佐野くんのつけた殺陣をさらりと覚え、キメて
一平くんのファンが増えたことは間違いないと確信しています。

大阪出身なので関西弁なのもバイリンガルでいいなと思います。
会話をしていて大体は静かに聴いていて、最後に落ちのような一言を発するというのも
あぁ関西人だわ、と思ったり。
今回、芝居での絡みはなかったので
ぜひぜひまたご一緒したいと思っている俳優です。
ippei3 by sano.jpg




























これは一枚目の写真の続き、と思われる。
稽古場の片づけでバタバタしている私のコートとマフラーを
持ってくれているようですが...
この匂い嗅いでるのは、狙ってやってますね、たぶん。

写真は全て佐野くんが撮りました。


Twitter 岡野一平


TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/256

COMMENTS