« 『 す き と お り 』写真 その10 | HOME | 『 す き と お り 』写真 その11 »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

02.09.2016

公演のお知らせ(2月エビス駅前バー と 3月スタジオ空洞)

今年最初の出演は、今週末からお馴染エビス駅前バーにて。

今回は新しいエビスの一環で、劇団留級座の星野くんが作・演出しております。

昨年は演出をやらせて頂いた時期に、今度は俳優として参加します。

様々な偶然から、今回は直系の後輩が3人もいて

心強い反面、プレッシャーでもあります。

今回はパロディ、コメディの要素が強い作品で、また新しい私を観て頂けると思います。

全力で楽しみ、楽しんで頂けたらと思っております。

エビス駅前バープロデュース × 留級座

『探偵たちの馬鹿騒ぎ(バッカーノ)


【脚本・演出】

星野良明(留級座)


【出演】

金崎敬江(miel)

蒻崎今日子(JACROW)

ニュームラマツ(劇団鋼鉄村松)

汁婆

鐵祐貴(東京ジャンクZ)

佐伯浩行(東京ジャンクZ


【チケット】

2,500円+別途1ドリンク


【タイムテーブル】

2

13()20

14()17/20

15()20

16()20

17()20

18()18時半/21

19()休演

20()14/17/20

21()14/17/20

22()20


受付開始・開場は開演の30分前

全席自由

演出の都合上、途中入場出来ません。お時間には余裕を持ってお越しください。


【会場】

エビス駅前バー

東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 黄色いビル3F

JR恵比寿駅西口より徒歩3

駐車場はございません。ご来店の際は公共機関をご利用ください。


【ご予約】(金崎扱い)

https://www.quartet-online.net/ticket/tanteitachi?m=0aabccj


【お問い合わせ】

ryu_kyu_za@yahoo.co.jp

--

---

また、3月にも公演があります。

こちらは江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」を元にした裁判劇です。

濃密な会話劇。脚本・演出は十七戦地の柳井くんです。

おそらく喋りまくります。

こちらも是非!

--

かはづ書屋『Dの再審』

@スタジオ空洞

2016311()16()


脚本・演出

柳井 祥緒(十七戦地)


原案

江戸川 乱歩「D坂の殺人事件」


出演

森尾 繁弘(かはづ書屋)

島田 雅之(DART'S/ダブルスチール/かはづ書屋)

山本 佳希(ボビボビ。)

金崎 敬江(miel

田中 千佳子(チタキヨ)

市川

遊佐 邦博(InnocentSphere

藤原 薫(十七戦地)

美吉 弘恵(鬼の居ぬ間に)


【タイムテーブル】

20163

11日(金) 1930

12日(土) 1500 / 1900

13日(日) 1100 / 1500 / 1900

14日(月) 1930

15日(火) 1500 / 1930

16日(水) 1800

受付開始は上記45分前 開場は30分前となります。

未就学児童のご入場はご遠慮ください


【料金】

前売 2,800 当日 3,000

201621日チケット販売開始

予約は (金崎扱い)

https://www.quartet-online.net/ticket/kawazu01?m=0aabccj



【会場】スタジオ空洞

住所:東京都豊島区池袋3-60-5 地下1階

アクセス:JR線・東武線・西武線・東京メトロ各線「池袋駅」

     西口下車 徒歩10


【作品紹介】

大正9年。

帝都東京の古本屋を舞台に密室殺人事件が発生。

警察が手をこまねく中、一人の青年が謎を解き明かす。

青年の名は明智小五郎。

『D坂の殺人事件』と呼ばれるこの事件の解決を機に、明智は日本を代表する名探偵になっていった。


そして40年後、昭和353月。

明智小五郎の還暦を祝い、『D坂の殺人事件』の事件記録をもとに模擬裁判が行われる。明智の推理を讃えるイベントのはずだったが、参加者の一人が異議を提出。


「明智小五郎は誤った人物を犯人として告発した。事件は冤罪だった」


この発言をきっかけに、次々と飛び出す新たな証拠や証言。

さらに参加者たちの思惑が絡み合い、模擬裁判は混乱の渦に飲み込まれていく。


遅れて来る名探偵を待つ人々が、論理と情念を弾丸のごとく飛び交わさせる論争エンターテインメント。

--


どちらもお席が少なめの会場ですので、ご予定お決まりになりましたら

是非ともお早めのご予約をお待ちしております。

皆さまと会場にてお会いできること、楽しみにしております!!


TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/249

COMMENTS