金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

02.16.2016

『 す き と お り 』写真 その11

次のシーンへ。
「ここは私の好きな通りです」
のFavorite Streetが、全員の身体を使ったシーンに変化して。
sukitori FS2-1.jpg



















これは波の音が聴こえる中話している女の子。
窓から海が見える。足を窓に見立てて。

sukitori FS2-3.jpg


sukitori FS2-2.jpg




































お父さんに足を洗ってもらっている昔の自分を見ている様子。


sukitori FS2-4.jpg



















小学校の帰り道。ランドセル背負った友達が走ってくる。

sukitori FS2-5.jpg



















じゃんけんで負けた人がランドセル持つはずなのに、買った自分が持つことになる。
sukitori FS2-6.jpg



















飴玉おばけ、のおばあさんの家の前。

sukitori FS2-7.jpg



















これ美味しいんだよ、と教えてくれた隣のクラスの女の子。

sukitori FS2-8.jpg



















高校時代の帰り道の男の子。
バスケ部だった時の様子。
sukitori FS2-9.jpg



















ペヤングのお湯を捨ててる部員たち。

sukitori FS2-10.jpg



















マネージャーに郵便ポストの前で告白するも、振られてしまいました。

sukitori FS2-11.jpg



















大学時代、キャバクラでバイトしてた女の子。

sukitori FS2-12.jpg



















バイト前にいつも寄ってたドトール。
最初は禁煙だったけど、最後は喫煙席でした。

sukitori FS2-13.jpg



















 彼女と一緒に住んでた男の子。
よく歩いた公園。
ウォーキングしている人、犬の散歩している人など。
sukitori FS2-14.jpg



















記録的な大雨、突然の雨。
雨の音を、床を叩いて鳴らす人たちの背中。
sukitori FS2-15.jpg



















翌日、打ち上げられた池の魚を見ているじっと見ている彼女。
sukitori FS2-16.jpg



















妊婦の彼女が上った坂道。
道路脇の電柱などが後ろから前に動いて、歩いているように見える。
sukitori FS2-17.jpg



















自動販売機。
7 7 7 の顔と、もう一本当たった彼女。
sukitori FS2-18.jpg



















ピンサロと焼鳥屋で迷う彼。
右がピンサロ、左は焼鳥屋。
sukitori FS2-19.jpg



















焼鳥屋で飲んでいたら、さっき相手をしてくれた女の子が飲みに来て
気づいてただろうに、知らぬ顔で飲んでました。
sukitori FS2-20.jpg




















この2回目の『Favorite Street』には、それをずっと見ていた女がおりました。
「ここは好きな通りです。今はもう何もなくなってしまいました。」

sukitori FS2-21.jpg



















それを合図に、それぞれが自分の道に戻っていく。
一人一人の道。交わっているようで、ほんとはそこに居ない人。
レイヤーが重なっているだけ。でも、外から見ると、色んな景色に、関係に見えてくる。
おそらく、最初に同じルートを通ってみた時より。
sukitori FS2-22.jpg




















そうして、オープニングの最初の立ち位置へ。
辿り着いて、一人一人になった彼らは、さらけ出せているでしょうか。
『 す き  と お り 』透ける、中が見える、さらけ出す。
sukitori FS2-23.jpg




















まもなく最後の絵になるところ。
自分の「好きな通り」が見えている人もいる。
キラキラ星変奏曲が終わり、溶暗。


そして、カーテンコールです。
左から
堀池直毅(少年社中)、野口卓磨、古市海見子、与古田千晃、金崎敬江(miel)、
石井舞、佐野功、辻貴大(カムヰヤッセン)、齋藤陽介(ホチキス)
sukitori FS2-24.jpg





















miel #003『 す き  と お り 』
2014.7.30-8.5. @スタジオ空洞
構成・振付・演出 金崎敬江(miel)

全てのシーンをこのblogにアップするのに、実に一年半も費やしましたが上げられてよかったです。
出演してくださった俳優の皆さまの素敵な表情、語る身体
ご提供くださったテキストの妙
スタッフの方々の様々なアイデア、ご協力の程を、写真を選び、文章を書く度に思い出し
よいカンパニーだったとつくづくひしひし、感じておりました。
ありがとうございました!
そして、たくさんの一瞬を素敵な写真に収めてくださった麻旅子さんに感謝しております。

実は次回のmielも、決まりました。
そのお知らせは近々致します!



撮影:三浦麻旅子

02.09.2016

公演のお知らせ(2月エビス駅前バー と 3月スタジオ空洞)

今年最初の出演は、今週末からお馴染エビス駅前バーにて。

今回は新しいエビスの一環で、劇団留級座の星野くんが作・演出しております。

昨年は演出をやらせて頂いた時期に、今度は俳優として参加します。

様々な偶然から、今回は直系の後輩が3人もいて

心強い反面、プレッシャーでもあります。

今回はパロディ、コメディの要素が強い作品で、また新しい私を観て頂けると思います。

全力で楽しみ、楽しんで頂けたらと思っております。

エビス駅前バープロデュース × 留級座

『探偵たちの馬鹿騒ぎ(バッカーノ)


【脚本・演出】

星野良明(留級座)


【出演】

金崎敬江(miel)

蒻崎今日子(JACROW)

ニュームラマツ(劇団鋼鉄村松)

汁婆

鐵祐貴(東京ジャンクZ)

佐伯浩行(東京ジャンクZ


【チケット】

2,500円+別途1ドリンク


【タイムテーブル】

2

13()20

14()17/20

15()20

16()20

17()20

18()18時半/21

19()休演

20()14/17/20

21()14/17/20

22()20


受付開始・開場は開演の30分前

全席自由

演出の都合上、途中入場出来ません。お時間には余裕を持ってお越しください。


【会場】

エビス駅前バー

東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 黄色いビル3F

JR恵比寿駅西口より徒歩3

駐車場はございません。ご来店の際は公共機関をご利用ください。


【ご予約】(金崎扱い)

https://www.quartet-online.net/ticket/tanteitachi?m=0aabccj


【お問い合わせ】

ryu_kyu_za@yahoo.co.jp

--

---

また、3月にも公演があります。

こちらは江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」を元にした裁判劇です。

濃密な会話劇。脚本・演出は十七戦地の柳井くんです。

おそらく喋りまくります。

こちらも是非!

--

かはづ書屋『Dの再審』

@スタジオ空洞

2016311()16()


脚本・演出

柳井 祥緒(十七戦地)


原案

江戸川 乱歩「D坂の殺人事件」


出演

森尾 繁弘(かはづ書屋)

島田 雅之(DART'S/ダブルスチール/かはづ書屋)

山本 佳希(ボビボビ。)

金崎 敬江(miel

田中 千佳子(チタキヨ)

市川

遊佐 邦博(InnocentSphere

藤原 薫(十七戦地)

美吉 弘恵(鬼の居ぬ間に)


【タイムテーブル】

20163

11日(金) 1930

12日(土) 1500 / 1900

13日(日) 1100 / 1500 / 1900

14日(月) 1930

15日(火) 1500 / 1930

16日(水) 1800

受付開始は上記45分前 開場は30分前となります。

未就学児童のご入場はご遠慮ください


【料金】

前売 2,800 当日 3,000

201621日チケット販売開始

予約は (金崎扱い)

https://www.quartet-online.net/ticket/kawazu01?m=0aabccj



【会場】スタジオ空洞

住所:東京都豊島区池袋3-60-5 地下1階

アクセス:JR線・東武線・西武線・東京メトロ各線「池袋駅」

     西口下車 徒歩10


【作品紹介】

大正9年。

帝都東京の古本屋を舞台に密室殺人事件が発生。

警察が手をこまねく中、一人の青年が謎を解き明かす。

青年の名は明智小五郎。

『D坂の殺人事件』と呼ばれるこの事件の解決を機に、明智は日本を代表する名探偵になっていった。


そして40年後、昭和353月。

明智小五郎の還暦を祝い、『D坂の殺人事件』の事件記録をもとに模擬裁判が行われる。明智の推理を讃えるイベントのはずだったが、参加者の一人が異議を提出。


「明智小五郎は誤った人物を犯人として告発した。事件は冤罪だった」


この発言をきっかけに、次々と飛び出す新たな証拠や証言。

さらに参加者たちの思惑が絡み合い、模擬裁判は混乱の渦に飲み込まれていく。


遅れて来る名探偵を待つ人々が、論理と情念を弾丸のごとく飛び交わさせる論争エンターテインメント。

--


どちらもお席が少なめの会場ですので、ご予定お決まりになりましたら

是非ともお早めのご予約をお待ちしております。

皆さまと会場にてお会いできること、楽しみにしております!!