« 『 す き と お り 』写真 その4 | HOME | ワークショップのお知らせ(4月) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

03.31.2015

『 す き と お り 』写真 その5

次のシーンへ。
倒れていた人々が歩き出す。
照明は明るくなる。
人々は、それぞれの道を歩く。
sukitori FS1-1.JPG



















「ここは、あたしの好きな通りです。ここに、産まれてから5歳までを過ごした家がありました。角を曲がって坂をおりれば、すぐ海に出ます。」
ここに見える人は、それぞれお互いが見えないという設定です。
それぞれの風景の中を歩いていて、その地図が何重にも重なって
一枚になっているというような。
海の近くに住んでいた女の子(与古田千晃)は、お父さんに足を洗ってもらった思い出などを。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-2.JPG



















「この通りは、僕の好きな通りです。小学校の6年間、毎日歩いた通りです。電柱から次の電柱までの間、ジャンケンで負けたら友達みんなのランドセルを持たなきゃいけませんでした。」
小学校の通学路の思い出を持つ男の子(齋藤陽介)は、飴玉をくれるお婆さんのこと、隣のクラスの女の子のこと。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-3.JPG



















「この通りは、俺の好きな通りです。部活の帰りよく買い食いした駄菓子屋がありました。バスケ部だったんだけど練習が終わるころにはもう腹ペコペコで、カップラーメン買っちゃうんです。」
バスケ部の仲間やマネージャーとの思い出を持つ男(堀池直毅)
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-4.JPG



















「この通りは、あたしの好きな通りです。大学時代やってたバイト先がすぐそこなんです。キャバクラなんですけどね。」
大学時代のバイトの話をする女(石井舞)は、バイトに行く前の気持ち。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-5.JPG



















この全員が並んでいるように見える絵も、たまたま繰り返し通っている中の、ある瞬間に起こったこと。それぞれ見ている景色も想いも違う人が、生きているこの世界。
sukitori FS1-6.JPG



















佐野くんはテキストを当てていないので、彼自身の思い出のある場所を歩いてもらっていました。
sukitori FS1-7.JPG



















「ここは、僕の好きな通りです。公園通りです。池のほとりは遊歩道になっています。僕の住んでたアパートに彼女が泊まるようになって、そのままほとんど住むようになって、」
同棲をしていた男(辻貴大)は、よく一緒に散歩していたこと、大雨の日の思い出。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-8.JPG



















これも、全員が近くに居た瞬間。
写真は、こういう瞬間を切り取ってくれるから面白いなぁと思います。
sukitori FS1-9.JPG



















「この通りは、私の好きな通りです。赤ちゃんができて通った産婦人科がこの坂の上にあります。つわりのころもお腹がおっきくなってからも、この坂はとてもキツかったなぁ。」
妊娠していた女(古市海見子)は、坂と夫と夏の思い出。
「今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-10.JPG



















「この通りは、私の好きな通りです。右に行くと仕事帰りによく立ち寄った焼き鳥屋があって、左に行くと仕事帰りによく立ち寄ったピンサロがあります。」
仕事帰りのちょっとした秘密のような思い出を持つ男(野口卓磨)
sukitori FS1-11.JPG



















どちらかにしか行かなかった彼が
ピンサロに行った後に、焼鳥屋に行くということを初めてした日
その焼鳥屋に、さっきピンサロでついてくれた女性が飲みに来た、というエピソード。
「彼女もたぶん私に気付いていたのですが、気づかぬ振りで飲んでました。今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
sukitori FS1-12.JPG



















「この通りは、好きな通りです。今はもう、なんにもなくなってしまいました。」
と佐野功が言って、このシーンは終わり。

糸井くんのテキスト、好きでした。
『 す き  と お り 』から、好きな通りとして物語を短いモノローグで紡ぎ
そのショートショートの中にも、人柄、思い出、人生がぎゅっと詰まっているし
今と昔という時間も描かれておりまして、様々な生きているってこと
世の中の在り様のようなことを感じられるのです。

曲はきらきら星変奏曲でした。

テキスト:『Favorite Street』 糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
写真撮影:三浦麻旅子



TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/229

COMMENTS