« 『 ま ○ る 』舞台写真 その16 | HOME | ワークショップのお知らせ(4月) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

02.28.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その17

ma_ru maseru11.jpg

























家では、お母さん(石井舞)が一人。




ma_ru maseru12.jpg




















翌朝。
「ただいま」「お帰り。あら、一人」
「そうだよ」「送って貰ったんじゃないの?」
「違うよ」「......何か言ってた?」
「何かって?」「......ううん。朝ご飯は?」
「いらない」「そう」

少女は、別の台の上に移動する。
お母さんと叔父さんの電話。
ma_ru maseru13.jpg



















「もしもし」「さっき帰って来た」
「そうか」「......ありがとうね」
「別に」「あの子、何か言ってた?」
「何かって?」「......ううん」
「......姉さん」





少女「お母さん」

ma_ru maseru14.jpg



















「何?」「俺さ、もういいかな」
「え?」「もう、姉さんから離れても、いいかな」

少女「お母さん」

「......離れてどうするの?」
ma_ru maseru16.jpg



















少女「私は、この人の娘」

これで、このシーンは終わり。

ma_ru maseru15.jpg



















ちなみに、移動する台は佐野くんが滑らかに押したり引いたりして動かしていました。
最後の位置に少女が行く時の絵。
台の移動で、人の移動や気持ちの動きも表せたらというシーンでした。

そうそう、上野くんのテキストには
少女は耳が聴こえないとか、音楽を聴いているとか、そういう設定はありません。
この三人の関係、少女の気持ちを強く出したくて
私がそういう演出を入れたのです。
彩の国さいたま芸術劇場でやった『R&J』の際に、手話という言葉の面白さを知り
そこで出会った米内山陽子さんの協力なくしては立ち上がらなかったシーンです。


テキスト:「ませる」 上野友之(劇団競泳水着/TOKYO PLAYERS COLLECTION)




TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/189

COMMENTS