« ワークショップのお知らせ(3月) | HOME | 『 ま ○ る 』舞台写真 その17 »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

02.28.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その16

ma_ru maseru1.jpg



















ダンスシーンで一人残った女の子。
夕暮れ時。
少女(阿久澤菜々)はiPodをポケットから出し、イヤホンをする。
曲が漏れ聞こえている。
ここから、上野友之くんの書いてくれた「ませる」のシーン。

ma_ru maseru2.jpg









どこかで誰かを待っているのだろうか。


後ろに立つ女(杉亜由子)が言う。
「私はあの人の娘」
少女は手話で。















ma_ru maseru3.jpg



















と、そこに来た男(末原拓馬)。
「ねぇ君」
「.....」
「ねぇ、君、いくつなの」
「.....」
「君みたいな子が、こんな時間に...」
 少女、黙って男の目を見る。
「こんな時間に...送って行こうか。」
「結構です。」
この少女の言葉も、音として聞こえるのは、後ろにいる女が発しているもので
少女は手話だ。
耳が聴こえないのか、はたまた音楽を聴いていたいだけなのか。
ma_ru maseru4.jpg



















「おい、こんな所にいたのか。母さん心配してるぞ。」
と現れた叔父(北村圭吾)
叔父は手話をしつつ、声を出す。
「知らない」 この肩を手で払っているのが、その手話。
「いいから帰ろう」「お腹空いた」
「じゃあどっか寄ってくか」「うん、あそこ(ホテル)」
ma_ru maseru5.jpg



















「おいおい、ああいう場所はな、もっと大人になってから行きなさい、ちゃんとした相手とな」「叔父さんはちゃんとしてないの」
「そうじゃなくて、叔父さんは、叔父さんだぞ?」「わかんない」

「俺は、お前のオムツを代えてやった男だぞ?」「ずるい」
「は?」「私が知らない時間の話をするのは、ずるい」

そして、おんぶされ歩きながら、叔父の家に行くことになる。
「もう少し、母さんの話も聞いてやれよ」「なんで?」
「母さんもな、お前に愛情があるからこそ」「なんで叔父さんが私にそんなこと言うの?頼まれたの?」
「違うよ、そうじゃなくて」「じゃあ、お母さんのことが好きだから?」
「...違うよ」「嘘」

ma_ru maseru6.jpg
これが、叔父さんの家に移動中。
おんぶされている間、この台が移動する。

「俺とお前の母さんはな姉弟だぞ?」「でも、血は繋がってない」
「......だからなんだよ、漫画の読みすぎだよ」
「じゃあ、叔父さんが私の言うこと聴いてくれたら、お母さんの話も聴く」
「なんだよ」「今日、叔父さんの家に泊めて?」
「......駄目だよ」「どうして?何もしないよ?」
「それは男の台詞」「叔父さん、何かするの?」
「しないよ」「じゃあ、いいでしょ?」
「心配するだろ」
「なんで、しないよ。ちゃんと叔父さんの家に泊まるって言う」




ma_ru maeru7.jpg

























そして、叔父さんの家。
違う台の上に移動した二人。
「叔父さん、今いくつ?」「もうすぐ四十」
「でしょ?」「何が、でしょ、だよ」
「叔父さんが現役なの、せいぜいあと五年だよ?」
「おいおい、怒られるぞ、五十でもかっこいいおっさんはたくさんいるよ」
ma_ru maseru8.jpg



















「五年後は十九」「そうだな」
「だから十九までは、待つよ」
「......無理だよ」
「は?」
「お前がどう思っても、周りの男がほおっておかない」「......妬いてるの?」
「......」「大丈夫、叔父さんがかっこいい間は。でも、その後は、知らない。ずっと一人でいる気?」
「一人じゃない」「お母さんは......もうすぐ綺麗じゃなくなるよ?」
「でも俺は母さんの、昔を知ってる」「え?」
「誰よりも可愛かった。今のお前みたいにな」「......」
ma_ru maseru9.jpg



















「俺は、お前の知らない時間をたくさん知ってるんだよ」
「......」
「......私はお母さんの代わりにはなれないの?」
「......もう寝よう。おやすみ」「......」
ma_ru maseru10.jpg




















そして、夜は更け
朝がやってくる。






TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/188

COMMENTS