金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

02.28.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その17

ma_ru maseru11.jpg

























家では、お母さん(石井舞)が一人。




ma_ru maseru12.jpg




















翌朝。
「ただいま」「お帰り。あら、一人」
「そうだよ」「送って貰ったんじゃないの?」
「違うよ」「......何か言ってた?」
「何かって?」「......ううん。朝ご飯は?」
「いらない」「そう」

少女は、別の台の上に移動する。
お母さんと叔父さんの電話。
ma_ru maseru13.jpg



















「もしもし」「さっき帰って来た」
「そうか」「......ありがとうね」
「別に」「あの子、何か言ってた?」
「何かって?」「......ううん」
「......姉さん」





少女「お母さん」

ma_ru maseru14.jpg



















「何?」「俺さ、もういいかな」
「え?」「もう、姉さんから離れても、いいかな」

少女「お母さん」

「......離れてどうするの?」
ma_ru maseru16.jpg



















少女「私は、この人の娘」

これで、このシーンは終わり。

ma_ru maseru15.jpg



















ちなみに、移動する台は佐野くんが滑らかに押したり引いたりして動かしていました。
最後の位置に少女が行く時の絵。
台の移動で、人の移動や気持ちの動きも表せたらというシーンでした。

そうそう、上野くんのテキストには
少女は耳が聴こえないとか、音楽を聴いているとか、そういう設定はありません。
この三人の関係、少女の気持ちを強く出したくて
私がそういう演出を入れたのです。
彩の国さいたま芸術劇場でやった『R&J』の際に、手話という言葉の面白さを知り
そこで出会った米内山陽子さんの協力なくしては立ち上がらなかったシーンです。


テキスト:「ませる」 上野友之(劇団競泳水着/TOKYO PLAYERS COLLECTION)




『 ま ○ る 』舞台写真 その16

ma_ru maseru1.jpg



















ダンスシーンで一人残った女の子。
夕暮れ時。
少女(阿久澤菜々)はiPodをポケットから出し、イヤホンをする。
曲が漏れ聞こえている。
ここから、上野友之くんの書いてくれた「ませる」のシーン。

ma_ru maseru2.jpg









どこかで誰かを待っているのだろうか。


後ろに立つ女(杉亜由子)が言う。
「私はあの人の娘」
少女は手話で。















ma_ru maseru3.jpg



















と、そこに来た男(末原拓馬)。
「ねぇ君」
「.....」
「ねぇ、君、いくつなの」
「.....」
「君みたいな子が、こんな時間に...」
 少女、黙って男の目を見る。
「こんな時間に...送って行こうか。」
「結構です。」
この少女の言葉も、音として聞こえるのは、後ろにいる女が発しているもので
少女は手話だ。
耳が聴こえないのか、はたまた音楽を聴いていたいだけなのか。
ma_ru maseru4.jpg



















「おい、こんな所にいたのか。母さん心配してるぞ。」
と現れた叔父(北村圭吾)
叔父は手話をしつつ、声を出す。
「知らない」 この肩を手で払っているのが、その手話。
「いいから帰ろう」「お腹空いた」
「じゃあどっか寄ってくか」「うん、あそこ(ホテル)」
ma_ru maseru5.jpg



















「おいおい、ああいう場所はな、もっと大人になってから行きなさい、ちゃんとした相手とな」「叔父さんはちゃんとしてないの」
「そうじゃなくて、叔父さんは、叔父さんだぞ?」「わかんない」

「俺は、お前のオムツを代えてやった男だぞ?」「ずるい」
「は?」「私が知らない時間の話をするのは、ずるい」

そして、おんぶされ歩きながら、叔父の家に行くことになる。
「もう少し、母さんの話も聞いてやれよ」「なんで?」
「母さんもな、お前に愛情があるからこそ」「なんで叔父さんが私にそんなこと言うの?頼まれたの?」
「違うよ、そうじゃなくて」「じゃあ、お母さんのことが好きだから?」
「...違うよ」「嘘」

ma_ru maseru6.jpg
これが、叔父さんの家に移動中。
おんぶされている間、この台が移動する。

「俺とお前の母さんはな姉弟だぞ?」「でも、血は繋がってない」
「......だからなんだよ、漫画の読みすぎだよ」
「じゃあ、叔父さんが私の言うこと聴いてくれたら、お母さんの話も聴く」
「なんだよ」「今日、叔父さんの家に泊めて?」
「......駄目だよ」「どうして?何もしないよ?」
「それは男の台詞」「叔父さん、何かするの?」
「しないよ」「じゃあ、いいでしょ?」
「心配するだろ」
「なんで、しないよ。ちゃんと叔父さんの家に泊まるって言う」




ma_ru maeru7.jpg

























そして、叔父さんの家。
違う台の上に移動した二人。
「叔父さん、今いくつ?」「もうすぐ四十」
「でしょ?」「何が、でしょ、だよ」
「叔父さんが現役なの、せいぜいあと五年だよ?」
「おいおい、怒られるぞ、五十でもかっこいいおっさんはたくさんいるよ」
ma_ru maseru8.jpg



















「五年後は十九」「そうだな」
「だから十九までは、待つよ」
「......無理だよ」
「は?」
「お前がどう思っても、周りの男がほおっておかない」「......妬いてるの?」
「......」「大丈夫、叔父さんがかっこいい間は。でも、その後は、知らない。ずっと一人でいる気?」
「一人じゃない」「お母さんは......もうすぐ綺麗じゃなくなるよ?」
「でも俺は母さんの、昔を知ってる」「え?」
「誰よりも可愛かった。今のお前みたいにな」「......」
ma_ru maseru9.jpg



















「俺は、お前の知らない時間をたくさん知ってるんだよ」
「......」
「......私はお母さんの代わりにはなれないの?」
「......もう寝よう。おやすみ」「......」
ma_ru maseru10.jpg




















そして、夜は更け
朝がやってくる。






02.25.2014

ワークショップのお知らせ(3月)

まだ寒い日もあるようですが、ゆっくりと春が近づいていますね。
寒い間に固まった身体をほぐしに
また、新学期に備えて柔軟な身体になる為に
少し身体に向き合ってみませんか。

このワークショップでは
身体を整え
触れたり、具体的に動いたりしながら
それぞれの持つ身体について
日々の意識を変えていけたら
と思います。

ダンスや芝居をやっている人には
意識改革や更なる変化を
また、普段身体を動かしてないから
ちょっと運動したいという人にも
発見や楽しみが見つかるはずです。
難しいことはありませんので、どうぞお気軽にお越しください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
3月13日(木)18:30-21:30
3月28日(金)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にお送りください。

ご参加お待ちしております!

02.04.2014

『 ま ○ る 』舞台写真 その15

ma_ru F.T.7.jpg




















2番になり、繰り返しの中
2組が揃ったところ。
決して上手の二人が間違っている訳ではありません。
ma_ru F.T.8.jpg



















全員が揃う振り。
くいっとなる。
ma_ru F.T.9.jpg




















これも全員。
下手の二人が写ってないのが残念。
ダイナミックな動きの二人なので。
ma_ru F.T.10.jpg



















そして、最後に向かう。
呼吸を意識した振りで、だんだんと深く大きくなり
揃うと大きな波のようになる
というのがイメージでした。
ma_ru F.T.11.jpg




















これは一番にもあった、ジャンプ。
浮いている瞬間。
呼吸が大きくなり、動きの幅も大きくなっているので、1番の時より高くなる。
写真はこういうのがおもしろいですね。
ma_ru F.T.12.jpg



















腕を前からと後ろから
ぐるりと回す振り。
口開いてるの、おもしろい!
ma_ru F.T.13.jpg




















そして、繰り返しの中
順にはけていく人たち。
ma_ru F.T.14.jpg












このシーンのタイトルは
この∞がみっつの手書きでした。
3拍子の曲で、ひとつずつの振りがまわる。
そして、その小さな回転が大きなまわるを生むということで。



m:my favorite things Loop mix.by keigo Emura



『 ま ○ る 』舞台写真 その14

ma_ru F.T.1.jpg



















次はムーヴメントシーン。
曲がかかり
2人,3人,2人の3組に分かれ、動き出します。
「my favorite things」がループになっている編集された音。
ここでやりたかったのは、ダンスの輪唱みたいなこと。
ma_ru F.T.2.jpg




















下手から始まって、上手のチームが追いかける
というのがベースです。
ma_ru F.T.3.jpg



















全体の絵。
ちょうど、それぞれ違う振りの瞬間。
ma_ru F.T.4.jpg



















これは、肘から腕を回転させる振り。

ma_ru F.T.6.jpg



















一番の終わりに一度揃う振りがある中で
ジャンプするのです。