« ワークショップのお知らせ(12月) | HOME | 新年のご挨拶とワークショップのお知らせ(1月) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

12.06.2013

客演のお知らせ(ティティプー見聞録)

12月に入り、冬がやってきたと感じる日が多くなりましたね。
さて、今年最後の公演です。

この数年、一番多く出演させて頂いておりますピーチャム・カンパニーの新作です。
ピーチャム・カンパニーは一昨年、昨年とF/Tにも参加しました。
一昨年前の『復活』では芝公園の広場、東京タワーのふもとでの野外公演。
震災後の福島と東京の話を、未来に在る架空のアメリカ国東京州に置き
イヌ殺しのメッキー・メッサーを軸に展開する清末浩平作のオリジナル作品。
本番に車の運転をしたり、立ち位置まで行くのに100メートルダッシュをするといった貴重な体験をしました。
出演と共に、振付もさせて頂きました。
昨年は、三島由紀夫の小説『美しい星』を題材に、目黒のホテルクラスカのホールと屋上を使った作品を上演。
こちらでは、ベケットの『ゴドーを待ちながら』も挟みつつの、演じるとは何かを問う作品でした。
振付のみの参加でしたが、面白い作品だったと思います。

その後ピーチャム・カンパニーは代表で演出の川口典成、プロデューサーの森澤友一郎の二人のみの新体制となり
今年の夏には利賀の演劇人コンクールに、岸田国士の『紙風船』で参加しました。
これにも、出演させて頂きました。
こうして様々な色を持つ作品を出している劇団の今回は
オペレッタ『ミカド』を元に
観る、観られる、そして日本についての考察です。
詳しくは下記にある「作品」をお読みください。

3人の役者で、試行錯誤しつつ取り組んでおります。
上演時間は75分程の予定です。
ぜひ、お越しくださいませ!

---------
ピーチャム・カンパニー
『ティティプー見聞録』
構成・演出/川口典成

◎出演
浅倉洋介、金崎敬江(miel)、丸房君子

◎日程
2013年12月13日(金)~12月17日(火)
13日(金)20:00
14日(土)15:00/19:00
15日(日)15:00/19:00
16日(月)20:00
17日(火)15:00/20:00
※開場は開演の20分前、受付開始は開演の40分前です。

◎会場
シアターPOO
新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
JR「新宿駅」東南口より徒歩約4分

◎料金
前売券(事前入金):3000円(チケット送料込み・振込手数料は別途ご負担いただきます)
当日精算券・当日券:3300円
※12月8日以後のご予約は、当日精算券のみの扱いとなり、チケットは当日受付にご用意いたします。この場合、料金は3300円となります。

金崎扱いのご予約はこちら
または
メール miel.miel.2010☆gmail.com (☆を@に変えて)にて、受け付けております。


◎作品
1885年にサヴォイ劇場にてギルバート&サリヴァンによる"The
Mikado"が幕をあけた。日本を舞台にしたコミックオペラである。描かれた日本では、ミカドが制定した「いちゃつき禁止法」によって人々は男女間でウインクすることも手を繋ぐことも出来ない。法を破ると死刑になるのだ。ティティプーという町では、その法を掻い潜るために、「いちゃつき禁止法」によって死刑を宣告された人物を死刑執行人に任命する。自らの首を切るまでは他の人物に刑罰を処してはならないという条件つきである。ティティプーの町はこれで安泰かと思われたが、ミカドは死刑が行われていないことを咎める。さて、誰かの首を献上しなければならない。どうするか。そのときちょうどティティプーの町には、さまよえる皇太子があらわれて......。という筋書きだ。
"The Mikado"を観ながらロンドンの観衆はなにを思ったのだろう。「政治」が不在の、奇妙で野蛮で不思議な国、ニッポン。当時、日本は近代国家として歩を進め始めたところだった。
我々はこのように表象されたニッポンのイメージの前でどのように演じることが、演じ返すことが出来るだろうか。前作『美しい星』(原作三島由紀夫)における問題系のその先で、「日本」をめぐる表象=上演の意味を思考・試行し、探求する。

◎問い合わせ
03-5373-2975
---------


TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/182

COMMENTS