« 『 ま ○ る 』舞台写真 その8 | HOME | ワークショップのお知らせ(5月) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

04.26.2013

『 ま ○ る 』舞台写真 その9

ma_ru majiru23.jpg





















まなみ いかると男の身体はどろどろに溶けて、混ざりあって、なんだか一人の人間みたいな肉の塊になったの。

この台詞が、ネックでしたね。
映像なら、やりようはあるのでしょうが舞台で、生の人間でどうやるのか。
これは、ほさかようから私への挑戦状だと思い、役者と共にいろいろと稽古で試しました。
その結果はこのあと。
ma_ru majiru24.jpg

まなみ ......これで私のはなしはおしまい。

 いかる、起き上がる。

いかる ......ちょっと待ってくださいよ。

 いかるの身体はかじおと混ざり合っている。

↑これですよ、このト書き(笑)
そして、亜由ちゃん演じるまなみは、本当は動けないのですが
ナレーター風に、そしてこの状況を客観的に見ている人として
前に立って話をしています。
その後ろ、立ち上がったいかるはかじおと混ざり合っている。













ma_ru majiru25.jpg





















いかる・かじお 何なんですか、その話は。(何なんだよ、その話は?)
まなみ あれから何日くらい経ったんだろう......さっきあなたが目覚めるまで、私はボーッとしてたの。どうせ足もないから動けないし。

いかるとかじおが足に触れようとするが、そこには足はなく
そして、気づく。

いかる・かじお あれ?あの人は?
 一番最初にかじおが倒れていた場所を見る。もちろん、そこには誰もいない。
ma_ru majiru26.jpg




















いかる・かじお あの人はどこいったんですか?(「どこいったんだよ?」)
まなみ (じっと見る)
いかる・かじお (自分の身体を触って)何ですかこれ。(「何だよ、これ」)何!?

そして、ぐにゃぐにゃと混ざり合っている様子を、動きでやりました。
これはト書きにはないのですが、混ざっていることに困惑する二人の様子を
挟みたかったのです。
そして、圭ちゃんの支えで拓馬がぐるりと回転したり、滑って行ったりして
最初に圭ちゃんの倒れていた位置まで速い足取りで進み、またそこで溶けて崩れ落ちます。
ma_ru majiru27.jpg




















また立ち上がるいかる・かじお。
そして、床を這いずるようにまなみに近づいていく。
ma_ru majiru28.jpg




















まなみ ごめんね......私が話さなきゃ、思い出さなかったかもしれないのに......いかるはあたしのこと守ろうとしてくれたのに......ごめんね、いかる。...でも、いかるを殺したあなたが、全部忘れていかるの中にいるのは許せなかったの。
いかる・かじお .........まなみ。
まなみ ......ん。
いかる・かじお 僕は(俺は)誰なんですか?(誰なんだ?)

まなみ ......分からないわ。混じっちゃったんだもの。
ma_ru majiru29.jpg






















おしまい。

この、自分も大変な目に合っているはずのまなみが
ただの事実を述べて終わるのが、すごく好きでした。


テキスト:「まじる」 ほさかよう(空想組曲)



TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/167

COMMENTS