金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

04.26.2013

『 ま ○ る 』舞台写真 その9

ma_ru majiru23.jpg





















まなみ いかると男の身体はどろどろに溶けて、混ざりあって、なんだか一人の人間みたいな肉の塊になったの。

この台詞が、ネックでしたね。
映像なら、やりようはあるのでしょうが舞台で、生の人間でどうやるのか。
これは、ほさかようから私への挑戦状だと思い、役者と共にいろいろと稽古で試しました。
その結果はこのあと。
ma_ru majiru24.jpg

まなみ ......これで私のはなしはおしまい。

 いかる、起き上がる。

いかる ......ちょっと待ってくださいよ。

 いかるの身体はかじおと混ざり合っている。

↑これですよ、このト書き(笑)
そして、亜由ちゃん演じるまなみは、本当は動けないのですが
ナレーター風に、そしてこの状況を客観的に見ている人として
前に立って話をしています。
その後ろ、立ち上がったいかるはかじおと混ざり合っている。













ma_ru majiru25.jpg





















いかる・かじお 何なんですか、その話は。(何なんだよ、その話は?)
まなみ あれから何日くらい経ったんだろう......さっきあなたが目覚めるまで、私はボーッとしてたの。どうせ足もないから動けないし。

いかるとかじおが足に触れようとするが、そこには足はなく
そして、気づく。

いかる・かじお あれ?あの人は?
 一番最初にかじおが倒れていた場所を見る。もちろん、そこには誰もいない。
ma_ru majiru26.jpg




















いかる・かじお あの人はどこいったんですか?(「どこいったんだよ?」)
まなみ (じっと見る)
いかる・かじお (自分の身体を触って)何ですかこれ。(「何だよ、これ」)何!?

そして、ぐにゃぐにゃと混ざり合っている様子を、動きでやりました。
これはト書きにはないのですが、混ざっていることに困惑する二人の様子を
挟みたかったのです。
そして、圭ちゃんの支えで拓馬がぐるりと回転したり、滑って行ったりして
最初に圭ちゃんの倒れていた位置まで速い足取りで進み、またそこで溶けて崩れ落ちます。
ma_ru majiru27.jpg




















また立ち上がるいかる・かじお。
そして、床を這いずるようにまなみに近づいていく。
ma_ru majiru28.jpg




















まなみ ごめんね......私が話さなきゃ、思い出さなかったかもしれないのに......いかるはあたしのこと守ろうとしてくれたのに......ごめんね、いかる。...でも、いかるを殺したあなたが、全部忘れていかるの中にいるのは許せなかったの。
いかる・かじお .........まなみ。
まなみ ......ん。
いかる・かじお 僕は(俺は)誰なんですか?(誰なんだ?)

まなみ ......分からないわ。混じっちゃったんだもの。
ma_ru majiru29.jpg






















おしまい。

この、自分も大変な目に合っているはずのまなみが
ただの事実を述べて終わるのが、すごく好きでした。


テキスト:「まじる」 ほさかよう(空想組曲)



04.23.2013

『 ま ○ る 』舞台写真 その8

ma_ru majiru17.jpg


物語の続き。

にたりと微笑むかじお。
怯えるまなみの背中。
ちゃんと背中が怯えてるのがいいですね(笑)





















ma_ru majiru18.jpg



これがフラスコを取り出したところ。
圭ちゃん、怖い顔。

ma_ru majiru19.jpg




























そこで、いかるが起き上がり
かじお(圭ちゃん)は、またストップ。
亜由ちゃんも動いて、過去の倒れている(はず)のいかると自分を見る、という絵。

いかる 何ですか、これは?
まなみ 分からない。でも、こいつは中に入っている液体を、いきなりいかるにかけたの。
いかる 僕に?
まなみ いかるの身体から、ものすごい勢いで赤い湯気みたいのが上がったわ。
いかる 湯気!?
まなみ しばらくして湯気がおさまった時には、いかるの身体は溶けたイチゴシャーベットみたいになってて、ほとんど人間の形をしてなかった。
ma_ru majiru20.jpg




















溶けているであろう、自分の場所で崩れる拓馬。
記憶を辿っているのだろうか。
そして、かじおはその液体をまなみの足にもかけた。
まなみは叫び、このシーンの始まった時の場所に座る。つまり、足が溶けて動けなかったのだ、まなみは。
足が溶けていく様を、かじおはニヤニヤしながら見ている。

まなみ その時だった。......立ち上がったの。
いかる え?
まなみ いかるが立ち上がったの。
ma_ru majiru21.jpg




















ma_ru majiru22.jpg




















いかるが立ち上がり、かじおは悲鳴をあげる。

まなみ 全身ドロドロに溶けて、どこが顔で、どこに手足があるかも分からない。絶対に生きてるわけない。だけど立ち上がったの。そして、こいつに向かって倒れかかるように抱きついたの。


そして、このお話の最後へと。





04.20.2013

『 ま ○ る 』舞台写真 その7

ma_ru majiru9.jpg



















ぐいーんと、空間を早い動きで移動して
倉庫の前に着いた時の絵。
時間と空間を役者の移動だけによって、変化させていくのがこのシーンです。
敢えて照明は、時間と空間の変化には対応せず、事件が起きた時に変化させました。

いかる 「む。おじさん、道間違えてますよ。どうみたってここは病院には見えません。倉庫です。」
 かじお、いきなりいかるを殴りつける。
ma_ru majiru10.jpg

 かじお、倒れたいかるを蹴る。
 苦悶の声をあげるいかる。
 まなみ、慌てて携帯で電話しようとする。
 かじお、その携帯を奪う。
 






















ma_ru majiru11.jpg




















そして、まなみに無言で近づくかじお。
まなみは怯える。
それを必死に押さえるいかる。
ma_ru majiru12.jpg

いかる「...ダメです。殴っちゃダメです。まなみは僕の未来の恋人です。殴ってブスにしたら怒りますよ」


しかしながら、抵抗むなしく振りほどかれ
追いつめられる。
そして、いかるは首を絞められてしまうのだった。


拓馬くん演じるいかるの必死っぷりがわかる写真です。


















ma_ru majiru13.jpg


 かじお、いかるの首にひじを決めると、そのまま首の骨を折った。
 倒れるいかる。
 口を抑えて震えるまなみ。

そして、しばらくの間ののち
いかるがこともなく起き上がる。
そこが、また現在が挟まるので
倒れていたはずの拓馬が起き上がったら
圭ちゃんはストップ。


















ma_ru majiru14.jpg

いかる「ちょっと待ってください。
    これだと、僕死んでませんか?死んでますよね?だって折れましたよ、首。耳の下辺りでえらい音がしましたよ」

まなみ「まだ続きがあるから黙って聞いてて」
いかる「...はい。じゃあ、とりあえず(と、倒れる)」





そして、かじおはまなみを煽る。
しかし、まなみは強気に切り返す。

かじおが、近づいた時
まなみは逃げようとするが捕まってしまい倒される。










ma_ru majiru15.jpg



















圭ちゃん演じるかじおの不気味な笑顔。
かじお「逃げようとしたよな。今、俺から逃げようとしたんだよな?」
まなみ「......(恐怖に引き攣り)ごめんなさい」
かじお「もう......しょうがないな。一人は無傷で取引したかったんだけどな」
まなみ「......何する気?」
かじお「足折れば済む話なんだけどさ、一回これ試したかったんだよ」

 かじお、懐からポケットフラスコのようなものを取り出す。
ma_ru majiru16.jpg













まなみのピンチ。
一体何が起こるのか。

というところで、次回へ(笑)













04.12.2013

ワークショップのお知らせ(4月)

新学期、新年度が始まり一週間。
緊張していた方々も少し慣れてきたでしょうか。

miel主催の身体ワークショップ
今月も二回開催致します。

緊張を解くヒントをお渡しできるかもしれません。(笑

ご興味ある方は
ぜひいらしてください。

----
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
----
を軸にしたワークショップです。

<日時>
4月13日(土)18:30-21:30
4月18日(木)18:30-21:30

<場所>
世田谷区内の施設

<参加費>
1回 1500円

<申し込み方法>
・お名前
・連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にお送りください。


身体を整えつつ
ちょっとした身体の使い方
意識の持ち方、広げ方をお伝えします。
参加している方の身体を見ながら
メニューを変えたりもするので
役者やダンサーでなくとも
ご安心していらしてください。
今までに参加してくださった方

役者、ダンサーはもちろんですが
会社員、カメラマン、作家、演出家、ミュージシャンなど、職業は様々ですので。


04.05.2013

『 ま ○ る 』舞台写真 その6

ma_ru majiru1.jpg




















そして照明ががらりと変わり
シーン3である「まじる」へ。

人が倒れています。
ここはどこかの倉庫のような場所。

ma_ru majiru2.jpg
少し明るくなって
そこには壁に背をもたれかけている少女 まなみ(杉亜由子)
仰向けに倒れている少年 いかる(末原拓馬)


 まなみはどうやら意識があるようだが、その目は虚ろである。
 と、不意にいかるが目を覚ます。






















ma_ru majiru3.jpg





















いかる おはようございます!
まなみ ......。
いかる おや?あれ?(まなみに気づいて)まなみ?(凝視して)まなみじゃないですか!
まなみ ......え?
いかる ここはどこですか?(キョロキョロして)見慣れない。この部屋見慣れません!

ma_ru majiru4.jpg





















まなみ あなた...。
いかる 「あなた」?(反芻して)「あなた」...聞き慣れない呼び名です。......どうしちゃったんですか、まなみ。
まなみ ......。
いかる それにしても汚い部屋ですね。部屋と言うか、倉庫と言うか(自分で言ってピンと来る)倉庫!倉庫ですよ!この埃っぽさ!錆びれ具合!間違いなく多分倉庫です!でも何故?何故僕とまなみが倉庫にーー

ma_ru majiru5.jpg


 いかる、初めて地面に倒れたままのかじお(北村圭吾)に気づく。

いかる おおぉぉ!誰ですか!!まなみ、人が!人が倒れてますよぉぉ!
まなみ 人?



そして、まなみが口を開く。
私たち誘拐されたの。
誘拐、誰にですか。

私といかるは、学校の帰り、この男の車に乗せられたの。














ma_ru majiru6.jpg
と、かじおが起き上がって喋り出す。

かじお まなみちゃんだよね?お母さんが病院に運ばれたんだ。僕?僕はお母さんの友達。車で向かうから、すぐに乗って!


そして、かじお役の圭ちゃんは
ストップモーション。






















ma_ru majiru7.jpg

こういう構図!
過去と現在をいったりきたりするテキストなので
過去にいる圭ちゃんは、現在が進行している間は止まります。












いかる それでまなみ乗っちゃったんですか?浅はかですよ!こんなの誘拐犯の常套手段じゃないですか!まずは病院に電話するとかしてーー
まなみ いかるが乗るように言ったのよ。
いかる へ?
まなみ 私が携帯で電話しようとしたら
ma_ru majiru8.jpg




















と、そこで
いかるとまなみも、過去に入り込み
一緒に動き始めます。

いかる 「そんなことしてる場合ですか!お母さんのピンチなんですよ?(かじおに)おじさん、僕も一緒に行きます!病院まで光の早さで飛ばしてください!」......言いました...!言いましたね、僕。ちょっとずつ思い出してきましたよぉ。
まなみ それで二人とも車に乗って、ここに連れて来られたの。


さ、物語の始まりです。

『 ま ○ る 』舞台写真 その5


ma_ru makuru18.jpg






















ちょっと戻りますが、お母さんはこんな風に話しておりました。


いろいろいい顔があったのですが
これを抜粋してみました。(笑)


電話が切れて、男はフライパンをキッチンに戻し
出ていった女を追いかけようとしたところに
「ただいまー」
と何事もなかったかのような女。

ma_ru makuru19.jpg
男 は?
女 ん?ああ、フィルター。


女 ブラックね?


























ma_ru makuru20.jpg
男 なぁ。
女 はいはい?
男 .........ごめん。




























ma_ru makuru21.jpg
冷蔵庫の前で
ふっと男を見る女。



このシーンの終わり。
ふっと目が合う二人は、これからも続いていくのか
それとも...




















テキスト;『まくる』 佐々木なふみ(東京ネジ)