« 役者紹介 その5(阿久澤菜々) | HOME | 『 ま ○ る 』稽古の様子 3  »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

05.06.2012

役者紹介 その6(佐野功)

役者紹介、6人目は佐野功(さのいさお)くん。

今回の役者陣の中で、私が唯一名字で呼ぶ人。
それは、出会いのせい?
カフカのアメリカで、ずぶ濡れになっていた姿。
その後は、ラタンのWSで
音階の難しい歌を口づてで覚えたり
牛乳やでは、同じ勤め先の人を演じたり
ちょいちょい共に過した現場は
なぜか東京オレンジ絡みで
そうなると私の劇研スイッチで、名字で呼んでしまうことになるんですね。
早大劇研では、なぜか、男の人は名字、女の人は名前で呼ばれていました。
いつからの伝統なのかは知りません。

佐野くんは、殺陣を教えることができます。
でも、普段はおっとりした雰囲気で
すぱって動くように思えないので
いきなり美しい蹴りを見せてくれたりすると、ほぉぉと感心します。

今回は、その身体を生かしたり
そして新しい身体を見つけてもらえたりするといいなぁ
と思ってお声かけをしました。

今回の役者の中では、一番知っている時間が長いので
その分、新しくて、強くて、大きな佐野くんが観たい
と期待しております。

きっと、やってくれるでしょう。

そうそう、なぜか佐野くんの天気予報なるものが
毎日の稽古終わりに聞けました。
個人的希望が入っている割には、雨の降る時間などが
当たってて、野生の勘か?と思ったりもしましたが
うーん、見た目は野生っぽくはないんだな、やっぱり(笑)


20120505.sano4-1.jpg



写真は、わたくし金崎敬江が撮りました。
テーマは
これからデートに行くという気持ちで
です。














TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/141

COMMENTS