金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

05.24.2012

ワークショップのお知らせ

すっかり夏のような陽気ですね。

梅雨がやってくるまで、このからりとした空気を
楽しみたいと思います。

今日のお知らせは、ワークショップ開催についてです。

観にいらしたお客さまや
近しい人たちからご要望のあった
身体ワークショップを6月に行いたいと思います。


---
自分の身体を知ること
身体の可能性を探ること
呼吸と身体
---
を軸にしたワークショップです。

<日時>
6月14日(木)18:30-21:30
6月23日(土)18:30-21:30
@世田谷区の施設


<参加費> 
1回 1500円


<申し込み方法>
・お名前
・連絡先
・演劇、ダンスの経験の有無
・mielの作品を観たことがあるかどうか
をご記入の上

miel.miel.2010☆gmail.com (←☆を@に変えて)

にお送りください。


参加お待ちしております!!

05.22.2012

『 ま ○ る 』終演から一週間 

金環日食で盛り上がった一日を終え
私はひとつ歳をとり
翌日の今日、寒い雨の東京です。


miel #002『 ま ○ る 』
先週の5月14日(月)
無事に9ステージを終えることができました。

ご協力頂いた皆さま
ご来場頂いた皆さま
応援してくださった皆さま
ありがとうございました!!

前回から一年半という時間が経っていたにも関わらず
前回『こ こ ち  り』が好きだったから
と足を運んでくださった方も居て
嬉しかったです。

今回、初めてご覧頂いた方に
ぜひまたやってください
とお声かけ頂いたことも
大変感謝しております。

なにせ、一人レーベルなので
色々時間がかかってしまうのですが
来年2013年には、何かできたらなぁと考えております。
ゆっくりですが、見守って頂けると幸いです。


また、ワークショップについてのお尋ねもありました。
来月に計画しております。
詳細は近日中にお知らせ致しますので
ご興味ある方は、ぜひ。


---
公演中になかなか写真をアップできませんでしたが

20120507.shikomi1-1.jpg

これは、仕込みの日の最初。
照明機材を搬入し終わった辺りです。















20120507.shikomi2-1.jpg

舞台装置を立て掛けているところ。

横から見ると、こういう物でした。
プラ段を細く切って、切り込みで折ってあるのです。
舞台監督、西廣奏さんのお仕事!


照明もパイプで作った仮設のバトンに
仕込まれているのがわかります。
照明、柿嵜清和さんのお仕事!














20120507.gohan1-1.jpg
本番までのご飯は、ザ☆キッチンを生かして、炊き出ししておりました。

役者・スタッフ、同じ釜ならぬ鍋の飯を食う訳です。

これはお昼の麻婆豆腐と卵スープ。










20120507.gohan2-1.jpg


夜は、お昼に炊いたご飯を生かして、炒飯。
どちらも大変美味しく、元気になりました。
温かいご飯はいいですね。

制作、岩間麻衣子さんのお仕事!












20120507.butai-1.jpg

仕込みがほぼ終わり、
明かり作りに入った辺り。


この装置の色が、明かりによって色々変化し
装置の表情も、様々変化するのでした。















05.11.2012

役者紹介 その7(金崎敬江)

さて、本番も始まりましたが
最後の役者紹介は、わたくし 金崎敬江(かなざきひろえ)です。


hiroe fr mai2.jpg
早大劇研出身
東京オレンジに居て
bird's-eye viewに居て
その後フリー。
客演様々。

今回は、6本のテキストのうち、ひとつだけ役を演じています。
その作品のみ、私への当て書きの指名があったからです。

今まで頂いた沢山の役にはなかった雰囲気の役です。
ありがたい。
かつ、そういうのをできる年齢になったのだとも実感します。(苦笑)

mielでは主宰であり、演出であり、振付もしていますが、
幕が開けると一パフォーマーとして、他の役者と対等です。
当たり前ですが。

舞台上にて、他の役者とどんなやりとりができるのか
楽しみです。



hiroe fr mai1.jpg

写真は舞ちゃんが撮ってくれました。
角度や表情を細かく指定されたのは、
後ろの絵と同じにしたかったのですね。

@バンダナ(シチューのお店)
















劇場(ザ☆キッチンNAKANO)への行き方 

miel #002『 ま ○ る 』

9日(水)に、無事初日を開けました。


そこで、会場がわかりにくい

ということがございましたので

ここで、道案内のお知らせです。


---

丸の内線『中野富士見町』下車。

改札を出て右に進みます。

左手にはサンクス、ドラックストア、右手には佼成病院が見えます。

まっすぐ進むと、『寿橋交差点』がありますので、そこを右へ進み坂を上ります。

途中、『富士高校前』というバス停がありますのでその手前を右に曲がるとすぐに

『studioVAD』というのが右手に見えます。

そのビルの6階が、会場です。

エレベーターをご利用ください。

---

開場は開演の20分前です。

上演時間は約75分です。


皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。



miel主宰 金崎敬江


05.09.2012

『 ま ○ る 』稽古の様子 3 

4月も終わりに近づいた、4月28日。

この日は、いい天気で夏のような陽気。
自転車組は、演出指令により日焼け禁止なので
必死に日焼け止めを塗って来てました。

これは、背中から、肩甲骨、足回りをペアでほぐしているところ。
ほぐされているのは舞ちゃんです。
20120428keiko22.jpg私がカメラマンの宮本くんをほぐしてあげていたら、その体勢のまま、撮っていたみたい。


いつでもシャッターチャンスを狙っている、宮本くんなのでした。








20120428keiko12.jpg


これは、あるダンスシーンの稽古。
カメラマンさんがいると、こんな絵も撮れるという素敵な構図。
私なめのみんな。










20120428keiko14.jpg


ダンスはお互い観ながらチェック。
これやると、だいぶ揃う

ちょっとしたニュアンスとか、タイミングの違いの修正作業。









20120428keiko6.jpg


これは別のダンスシーンの振り確認中。














20120428keiko4.jpg


とあるシーンの稽古。

これだけ見ると、菜々ちゃんが何か圭ちゃんにおねだりしているみたいでかわいい(笑)

シーンのそのままでもあるのです。









20120428keiko3.jpg

シーンの動きの整理、二人とも実は汗だく。

















意識的に、詰めていく作業をする役者陣。そして、流れをまとめる演出家、という時間。






05.06.2012

役者紹介 その6(佐野功)

役者紹介、6人目は佐野功(さのいさお)くん。

今回の役者陣の中で、私が唯一名字で呼ぶ人。
それは、出会いのせい?
カフカのアメリカで、ずぶ濡れになっていた姿。
その後は、ラタンのWSで
音階の難しい歌を口づてで覚えたり
牛乳やでは、同じ勤め先の人を演じたり
ちょいちょい共に過した現場は
なぜか東京オレンジ絡みで
そうなると私の劇研スイッチで、名字で呼んでしまうことになるんですね。
早大劇研では、なぜか、男の人は名字、女の人は名前で呼ばれていました。
いつからの伝統なのかは知りません。

佐野くんは、殺陣を教えることができます。
でも、普段はおっとりした雰囲気で
すぱって動くように思えないので
いきなり美しい蹴りを見せてくれたりすると、ほぉぉと感心します。

今回は、その身体を生かしたり
そして新しい身体を見つけてもらえたりするといいなぁ
と思ってお声かけをしました。

今回の役者の中では、一番知っている時間が長いので
その分、新しくて、強くて、大きな佐野くんが観たい
と期待しております。

きっと、やってくれるでしょう。

そうそう、なぜか佐野くんの天気予報なるものが
毎日の稽古終わりに聞けました。
個人的希望が入っている割には、雨の降る時間などが
当たってて、野生の勘か?と思ったりもしましたが
うーん、見た目は野生っぽくはないんだな、やっぱり(笑)


20120505.sano4-1.jpg



写真は、わたくし金崎敬江が撮りました。
テーマは
これからデートに行くという気持ちで
です。














05.02.2012

役者紹介 その5(阿久澤菜々)

役者紹介5人目は、阿久澤菜々(あくざわなな)ちゃん。

菜々ちゃんは、あるイベントの作品で
初めましてから1時間くらいで
一緒に本番に立ったことがある、という
珍しい形の共演者です。

その時に、初めましてと言いながら
この女優さん知ってるなぁ、なんで知ってるのだろう
と思っていたのですが
パフォーマンスが終って話をしていたら
そのイベントの少し前の時期にやっていたバジリコ・F・バジリオに出演していて
それを私が観ていたのでした。

そういうことでした。

若くて芯の通った女優さんがいるといいなと思って
お声かけしました。

菜々ちゃんは小さくて細くて、折れちゃいそうなのですが
走ると早いグループに入ってくるし
腹筋も初めは辛そうだったけど、どんどんコツを掴んで
挑戦してきて
実は肉体派なのかもしれません。
一度に食べるご飯の量は少ないけれど、甘いものは別腹です。(笑)
女の子っぽくて、いいと思う。

今回の作品では
ひとつ難しい役をお願いしてありますが、とてもいいのです。
想像以上に良かったので、本番が楽しみです。


nana fr sano1.jpg




写真は佐野くんが撮ってくれました。

















05.01.2012

役者紹介 その4(北村圭吾)

四番目は、北村圭吾(きたむらけいご)くん。

圭ちゃんは
テキスト提供をしてくださっている
空想組曲、ほさかよう氏から紹介してもらいました。
ようくんは、前回公演『こ こ ち  り』でもテキスト提供してくれていて
稽古場にも来てくれたし、本番も観てくれている。
そのようくんが、mielに圭吾くんはオススメというのだから
間違いない。
そして、私は『ドロシーの帰還』にて拝見しておりました。
あぁ、あの人か
というところから、blog等のチェックをして
FBにてメッセージを送ったのであります。

圭ちゃんの出身地は、私の出身地札幌の隣、小樽なのです。
それだけで親近感(笑)
会ってみると、がっちりした身体と
温和な雰囲気との混じる、とてもいい人でした。

私は初めましてだし、mielなんて知らないだろうな
と思って会ったのですが
なんとまぁ、前回公演『こ こ ち  り』を観てくれていたのでした!
そして雑談含めて、色々お話したところ
久しぶりの舞台を楽しむと言って参加を承諾してくれました。
ありがとう。

身体をよく作り、ストイックにキープしています。
ダンサーとしてのお仕事が長いし、場数を踏んでいるので
振り覚えの早いこと。

愛嬌たっぷりだったり
かっこよかったり、ちょっと情けなかったり
いろんな役をやってもらっています。
それぞれに説得力があるのが、すごいなと思ってみています。
集中力と、空気を感じ取りそれを変化させようというエネルギーの持ち主。
きっと本番までに、まだいくつものギアを上げてくるでしょう。

楽しみです。


keigo fr nana1.jpg



写真は菜々ちゃんが撮ってくれました。