« 役者紹介 その1(石井舞)  | HOME | 役者紹介 その3(杉亜由子) »

金崎 敬江
miel

- miel[ミエル] -
東京オレンジ、bird's-eye view、picoLoop%と様々な作品創りに関わり、また、客演、振付、その他パフォーマンスを行ってきた金崎敬江が企画し、振付、構成(時には演出)をする。2010年度発足。
"le miel"はフランス語のハチミツ。甘くて、とろっとしていて、でも天然ものだから赤ちゃんは食べられない。そんな甘い幸せと共に、ちょっと危険を孕んだような作品を。
また「見える」「視える」何かが出せるように。
連絡先(お問い合わせ先):
miel.miel.2010☆gmail.com(☆を@に変えて)



miel(ミエル)#003
『 す き  と お り 』

2014.7.30.wed.-8.5.tue.
@スタジオ空洞(link)


miel(ミエル)#002
『 ま ○ る 』

2012.05.09.-14.
@ザ☆キッチン NAKANO(link)


miel(ミエル)#001
『こ こ  ち   り』

2010.12.23.-27.
アトリエセンティオ(link)

04.26.2012

役者紹介 その2(末原拓馬/おぼんろ)

役者紹介、二番目は
末原拓馬(すえはらたくま)くん。

拓馬くんとの出会いは
今回照明操作をやってくれる、角本くんのワークショップででした。
ある日、行ってみたら
背の高い、かっこいい男の子がいて
何かしらの拘りを持った身体で参加していました。
言葉を読む時にも、何かの拘りを持っていました。

この人は、誰だろうと思っていたら
私の後輩でした。
早稲田の演劇研究会に、少し所属していたそうです。
もう、私が劇研を離れてずいぶん経ってからのお話です。

でも、拓馬くんは劇研に残らず
おぼんろ、という自分の劇団を立ち上げました。
作・演出をし、出演もするという
mielでの私よりも大変な(私は作はやらないので)役回りで
がんばっている男の子です。

拓馬くんには、世界観があります。
そんな簡単な言葉でまとめてはいけないのだけど
彼のみえているものを、私がみ切れないことが多々あります。
だから、おもしろいので
拓馬くんが何を観ているのか、を掴むようにして
そこから私がみえているものと、観たいものをすり合わせるようにして
稽古を進めています。

拓馬くんは、自分の劇団で頑張っているので
このmielでは、あんまり頑張らないといいと思うのです。
楽に楽に、そこにあるものを、そこにいる人を
自分と馴染ませて呼吸を馴染ませて、そこに居ればいいんじゃないかな。
あるシーンでは、アクロバティックに動いてもらったり
真面目な拓馬くんにはないであろう回路で演じてもらったりしています。
おぼんろとは、ちょっと違う拓馬くんをお楽しみに。


takuma fr ayuko.jpg


写真は亜由子ちゃんが撮ってくれました。
@cafe紙ひこうき 


















TRACKBACK(0)

TRACKBACK URL: http://2dots.weblike.jp/mt/mt-tb.cgi/137

COMMENTS